スヘルデ川(スヘルデがわ、オランダ語: Schelde [ˈsxɛldə]フランス語: Escaut [ɛsko]英語: Scheldt [ʃɛlt])は、フランス北部、ベルギー西部およびオランダ南西部を流れ北海に流入するである。延長350km。名前はラテン語のScaldisに由来する。フランス語読みはエスコー川[1]

トゥルネーのスヘルデ川

源流はフランス・エーヌ県にある。北流してベルギーに入り、ヘントリス川(レイエ川)を合わせ、東に転じる。流域最大の都市アントウェルペン近くで西に転じ、オランダに入って北海に流入する。古くはアントウェルペンの下流で2つの派流、東スヘルデ川と西スヘルデ川オランダ語版に分れて北海に注いでいたが、現在の河口は西スヘルデ川のみとなっており、東スヘルデオランダ語版は西スヘルデ川と運河で結ばれた湾となっている。また、東スヘルデの湾口にはデルタ計画で設けられた東スヘルデ防潮水門オランダ語版がある。

上中流域にはヨーロッパウナギヌマアカガエル英語版ハシボソヨシキリ英語版などが生息しており、フランス北東部のオー=ド=フランス地域圏にあるスカルプ川フランス語版とスヘルデ川の渓谷は2020年にラムサール条約登録地となった[2]。アントウェルペンより下流側にはシロチドリサンドイッチアジサシソリハシセイタカシギコガモヒドリガモヘラサギニシズグロカモメアジサシオカヨシガモなどの鳥類、ゼニガタアザラシネズミイルカなどの海生哺乳類およびウミヤツメトウェイトシャッド英語版ガーフィッシュヨーロッパソールプレイスなどの魚類が生息しており、ベルギー北部のスヘルデ下流部の塩性湿地[3]、オランダのライン・マース・スヘルデ三角州英語版にある西スヘルデ川とサエフティンゲオランダ語版[4]、東スヘルデ[5]およびその周辺のマルキーザーツ湖オランダ語版[6]ゾーム湖オランダ語版[7]フェールセ湖オランダ語版[8]はラムサール条約登録地である。

水運上重要な川であり、運河ライン川マース川さらにセーヌ川とつながり、ダンケルクリールブリュッセルリエージュ、といった工業都市を結んでいる。

歴史上、フランスと神聖ローマ帝国などの政治的・文化的な境界になったこともある。第二次世界大戦の激戦「スヘルデの戦い」が起きた場所でもある。

支流 編集

脚注 編集

  1. ^ エスコー川(えすこーがわ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年4月1日閲覧。
  2. ^ Vallées de la Scarpe et de l'Escaut | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (2020年2月1日). 2023年4月1日閲覧。
  3. ^ Schorren van de Beneden Schelde | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (1992年1月1日). 2023年4月1日閲覧。
  4. ^ Westerschelde & Saeftinghe | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (2022年11月1日). 2023年4月1日閲覧。
  5. ^ Oosterschelde | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (2022年11月1日). 2023年4月1日閲覧。
  6. ^ Markiezaat | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (2023年1月6日). 2023年4月1日閲覧。
  7. ^ Zoommeer | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (2022年11月1日). 2023年4月1日閲覧。
  8. ^ Veerse Meer | Ramsar Sites Information Service”. rsis.ramsar.org (2022年11月1日). 2023年4月1日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集