スロボジアルーマニア語: Slobozia)は、ルーマニアヤロミツァ県にある都市。同県の県都でもある。人口は2002年の時点で5万2710人。

スロボジア
裁判所
裁判所
スロボジアの紋章
紋章
Slobozia in Romania.png
北緯44度33分50秒 東経27度21分58秒 / 北緯44.56389度 東経27.36611度 / 44.56389; 27.36611
ルーマニア
ヤロミツァ県
行政
 • 市長 ガビ・ヨナシュク(社会民主党、2000年から)
面積
 • 合計 132.87km2
人口
(2002年国勢調査)
 • 合計 52,710人
 • 2006年推計
53,000人
 • 人種構成
ルーマニア人、アロマニア人、ジプシー人
郵便番号
920xxx
言語 ルーマニア語
ウェブサイト www.sloboziail.ro

地理編集

首都ブカレストから東へ120km、黒海の主要な港町であるコンスタンツァからは西へ150kmのところにある。付近にはヤロミツァ川が流れる。市街地から17kmほどのところにはブカレスト=コンスタンツァA2高速道路(Autostrada Soarelui)が通っている。

自治体としての総面積は132.87 km2で、そのうちの13 km2がスロボジア市に指定されている。今日の行政形態では、スロボジアはスロボジア市とボラ・スロボジア・ヌア地域から成る。

経済編集

この地域の基幹産業は農業、農産物加工業、軽工業など。

文化編集

1990年にスロボジアは指揮者で作曲家のイヨネル・ペルレアの出身地として知られるようになり、展示館、活動部屋、書店、文化機関など彼の名を冠した建造物が続々と建てられた。

1993年にルーマニア正教会がスロボジアとカララシを管轄する教区を設けると、スロボジアにはその本部が置かれた。スロボジアの住民は98.6%が正教会を信仰しているが、教会では他の宗派でも祈祷ができる。

語源編集

「かわいそうな人々」を意味するヴァイデーイ(Vaideei、vai de eiと発音される)という村が街の前身である。現在の地名はルーマニア語のslobozieという語から来ており、さらにそれはスラヴ系言語で「無料」を意味するslobodという言葉が語源である。街は平野(バラガン平原)の中央部に位置するため、タタール人オスマン帝国の攻撃を受けやすかった。そこで農民たちを励ますため、いくつかの税を免除したのである。

観光編集

 
エッフェル塔のレプリカ

主だった見所として、市街から5kmほど離れたところにあるアマラ湖が挙げられる。湖周辺は温泉地として知られており、スロボジア駅から15分おきにマイクロバスが出ている。このほか、エッフェル塔を模した高さ54mの塔がある。

姉妹都市編集

出身有名人編集

  • コルネル・セルネア - サッカー選手
  • ミルセア・ディネスク - 詩人
  • ペトル・フィリプ - 政治家
  • アドリアン・ミハルセア - サッカー選手
  • アドリアン・ピンテル

外部リンク編集