スンダ: सुन्द, Sunda)は、インド神話に登場するアスラあるいはヤクシャである。主に、

スンダとウパスンダの死闘。左下がティローッタマー。

の2人が知られている。以下に説明する。

ウパスンダの兄弟編集

ダイティヤ族に属するアスラである。ニクムバ[1][2]あるいはニスンダ(Nisunda)の息子[3]。兄弟はウパスンダ。

スンダとウパスンダ兄弟は三界(天上界、地上界、地下界)を征服してデーヴァ神族からの支配をアスラ族の元へと奪還した。そこでブラフマー神は三界奪回のためにスンダとウパスンダを自滅に追い込むべく、ヴィシュヴァカルマンが作り上げた絶世の美女、アプサラスティローッタマーを二人に差し向けた。ティローッタマーを見たとたん、スンダとウパスンダはティローッタマーを奪い合い、やがて兄弟でありながら死闘を繰り広げ、自滅した[4][5][6]。これは『マハーバーラタ』に登場する有名なシーンでもある。

ターラカーの夫編集

ヤクシャ族のジャンバの息子。ヤクシャの王スケートゥの娘ターラカーと結婚し、息子マーリーチャをもうけた。スンダが聖仙アガスティヤに滅ぼされたとき、ターラカーとマーリーチャはアガスティヤに復讐しようとした。しかし逆に呪われてターラカーは醜い人喰いのヤクシニーに、マーリーチャはラークシャサと化した[7][8]

脚注編集

  1. ^ マハーバーラタ』1巻201章2。
  2. ^ インド神話』p.159。
  3. ^ インド神話伝説辞典』p.94「ウパスンダ」の項。
  4. ^ マハーバーラタ』1巻200章-204章。
  5. ^ インド神話』pp.159-163。
  6. ^ 神の文化史事典』p.335。
  7. ^ ラーマーヤナ』1巻24章-25章。
  8. ^ 阿部訳、p.23-24。

参考文献編集

  • 『原典訳 マハーバーラタ2』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫、2002年。ISBN 978-4480086020
  • 『ラーマーヤナ1』岩本裕訳、平凡社東洋文庫、1980年。ISBN 978-4582803761
  • 『ラーマーヤナ 世界文学全集III-2』阿部知二訳、講談社、1966年。
  • 『インド神話 マハーバーラタの神々』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫、2003年。ISBN 978-4480087300
  • 『インド神話伝説辞典』菅沼晃編、東京堂出版、1985年3月、pp.94-95。ISBN 978-4-490-10191-1
  • 渡邉たまき「ティローッタマー」『神の文化史事典』松村一男他編、白水社、2013年2月、p.335。ISBN 978-4-560-08265-2

関連項目編集