スンダ (Sunda) は、インド神話に登場するアスラである。ダイティヤ族に属し、兄弟はウパスンダ[1]、親はニスンダ (Nisunda)、妻は夜叉族[注釈 1]のターラカー、子はラークシャサ族[注釈 2]のマーリーチャである。

スンダとウパスンダの死闘。左下がティローッタマー。

解説編集

スンダとウパスンダ兄弟は三界(天上界、地上界、地下界)を征服してデーヴァ神族からの支配をアスラ族の元へと奪還した。そこでブラフマー神は三界奪回のためにスンダとウパスンダを自滅に追い込むべく、ヴィシュヴァカルマンが作り上げた絶世の美女、アプサラスティローッタマーを二人に差し向けた。ティローッタマーを見たとたん、スンダとウパスンダはティローッタマーを奪い合い、やがて兄弟でありながら死闘を繰り広げ、自滅した[2]。これは『マハーバーラタ』に登場する有名なシーンでもある。

なお、スンダは最終的には聖仙アガスティヤに滅ぼされた[要出典]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 女性なので「ヤクシニー」と呼ばれる。
  2. ^ 元は夜叉族(男なのでヤクシャ)だが呪いによりラークシャサ(羅刹)族となった。

出典編集

  1. ^ インド神話伝説辞典』, p. 94.(ウパスンダ)
  2. ^ 神の文化史事典』, p. 335.

参考文献編集

  • 『インド神話伝説辞典』菅沼晃編、東京堂出版、1985年3月、pp. 94-95。ISBN 978-4-490-10191-1 ※特に注記がなければページ番号は本文以降
  • 渡邉たまき「ティローッタマー」『神の文化史事典』松村一男他編、白水社、2013年2月、p. 335。ISBN 978-4-560-08265-2

関連項目編集