メインメニューを開く

スーパースターは、プライム所属のお笑いコンビ

スーパースター
メンバー ドラマチック貞
黒騎士ハヤシモト
事務所 プライム
旧コンビ名 首都高ヴィーナス(貞)
メロンソーダ(ハヤシモト)
芸種 コント
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

  • ドラマチック貞(ドラマチックさだ、1979年11月20日 - )
    本名・長橋 貞彰(ながはし さだあき)神奈川県出身。身長182cm。
    かつてはコンビ『首都高ヴィーナス』(当時の相方はうつのみや八郎)で活動、その後ピン芸人『ドラマチック貞』として活動。
    趣味はマジックザギャザリング。
    2006年M-1グランプリでは、マッドドックス関口大輔と『突撃フィーバーズ』を組んで出場、2回戦まで進出。また、2009年10月8日の同じくM-1では、スーパースターとしての他にも、同じ日に貞は父親と『親子でニート』というコンビを組んで出場した。

来歴・概説編集

コンビ『首都高ヴィーナス』で活動後、ピン芸人として活動していたドラマチック貞と、コンビ『メロンソーダ』で活動していた黒騎士ハヤシモトの2人により結成。なお、ドラマチック貞は引き続きピン芸人として活動することもある(浅草東洋館『雷ライブ』など)。

NOモーション(タイガーこてつ、侍PANG・矢野ともゆき)、あがいんムートンつーからの5組でのライブ『トドロコ』を定期的に行っていた。トドロコは『ウクイウタ』の2009年7月26日千秋楽公演を以って活動休止となった。

芸風編集

コントまたはショートコントが多く、ブリッジには二人で舞台上を駆け回りながら「おしっこした〜いよ! だけどネタやるよ! スーパースター」などの台詞を入れている。ネタの締めの台詞には「ちょっとちびったよ! だからネタ終わり!」などがある。

「おじさんショートコント」では、おじさんの様々な生態をネタにしたコントを演じ、「〜な(〜している)おじさ〜ん! おじさん、レッツゴー!」(ひらけ!ポンキッキから出た曲『はたらくくるま』に似たようなメロディ)という歌をブリッジに入れている。なお、この時に台詞や歌を入れているのはほとんどハヤシモトの方で、貞はほとんど何も言わずに、怪しげな動きなどを交えながらおじさん役を演じている。

ドラマチック貞のピンでのネタには「1000のドラマチックを持つ男」と称して、気障な台詞と仕草を演じた後で、手を顔の横に持って行き「イッツ、ドラマチック!」という台詞を発するショートコントがある。

出演編集

※それぞれの『首都高ヴィーナス』『メロンソーダ』時代の出演も含む

テレビ編集

ゲームソフト編集

外部リンク編集