セイヨウハシバミ

セイヨウハシバミ (Corylus avellana) は、カバノキ科の落葉低木。種子はヘーゼルナッツ (Hazelnut) と呼ばれて食用となり、クッキーケーキなどの材料としてよく使われる。

セイヨウハシバミ
Corylus avellana 0001.JPG
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: ハシバミ属 Corylus
: セイヨウハシバミ C. avellana
学名
Corylus avellana L.[1]
和名
セイヨウハシバミ
英名
Cobnut[1]
Common Hazel[1]
Hazel[1]

特徴編集

原産地は欧州大陸部から地中海域。樹高5メートルから7メートル。雌雄異花。

早春、葉より早く花を付け、果実は秋にかけて熟し、自然に落果する。果実はドングリ型の堅果で果皮は褐色、総苞に包まれる。種皮は赤褐色で薄い。子葉は白色で脂肪を多く含み、独特の風味がある。

日本には近縁種のハシバミC. heterophylla)、ツノハシバミC. sieboldiana)が野生し、共に食用になる。              

画像編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Shaw, K., Roy , S. & Wilson, B. 2014. Corylus avellana. The IUCN Red List of Threatened Species 2014: e.T63521A3125935. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2014-3.RLTS.T63521A3125935.en. Downloaded on 01 January 2021.

関連項目編集