セクメト (小惑星)

小惑星

セクメト (5381 Sekhmet) はアテン群の小惑星。キャロライン・シューメーカーがパロマー天文台で発見した。

セクメト
5381 Sekhmet
仮符号・別名 1991 JY
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アテン群
発見
発見日 1991年5月14日
発見者 C. S. シューメーカー
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 0.947 AU
近日点距離 (q) 0.667 AU
遠日点距離 (Q) 1.228 AU
離心率 (e) 0.296
公転周期 (P) 0.92
(336.87 日)
軌道傾斜角 (i) 48.97
近日点引数 (ω) 37.43 度
昇交点黄経 (Ω) 58.56 度
平均近点角 (M) 334.30 度
衛星の数 1
物理的性質
直径 1.4 ± 0.1 km
or 1 km
平均密度 1.98 ± 0.65 g/cm3
自転周期 2.7 ± 0.4 時間
スペクトル分類 S / V
絶対等級 (H) 16.5
アルベド(反射能) 0.25 ± 0.03
Template (ノート 解説) ■Project

エジプト神話の女神、セクメトから命名された。

衛星編集

2003年5月、アレシボ天文台の調査チームがレーダーによりセクメトを調査した際に衛星が発見され、S/2003 (5381) 1 という仮符号が付けられた。この衛星は直径 300 m ほどで、セクメトから 1.54 ± 0.12 km 離れたところを周回しており、公転周期は 12.5 ± 0.3 時間、自転周期は 10 ± 2 時間とされている。

関連項目編集

外部リンク編集