セファレキシン

セファレキシンは、多数の細菌感染症に用いられる抗生物質である。グラム陽性菌と一部のグラム陰性菌の細胞壁の成長を攪乱(かくらん)することにより殺菌する。セファレキシンは第一世代のセファロスポリンβ-ラクタム系抗生物質である[3]。 同じ第一世代のセファロスポリン、静脈内投与のセファゾリンと同様の作用があるが接種法は経口である[4]

セファレキシン
Cefalexin.svg
Cefalexin ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
発音 [ˌsɛfəˈlɛksɪn]
販売名 Keflex, Cepol, Ceporex, others[1]
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682733
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: B
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能 Well absorbed
血漿タンパク結合 15%
代謝 80% excreted unchanged in urine within 6 hours of administration
半減期 For an adult with normal renal function, the serum half-life is 0.5–1.2 hours[2]
排泄 Renal
識別
CAS番号
(MeSH)
15686-71-2 チェック
ATCコード J01DB01 (WHO) QJ51DB01 (WHO)
PubChem CID: 2666
IUPHAR/BPS 4832
DrugBank DB00567 チェック
ChemSpider 25541 チェック
UNII 5SFF1W6677 チェック
KEGG D00263  チェック
ChEBI CHEBI:3534 チェック
ChEMBL CHEMBL1727 チェック
化学的データ
化学式 C16H17N3O4S
分子量 347.39 g/mol
物理的データ
融点 326.8 °C (620.2 °F)

セファレキシンは特定の細菌感染症:中耳炎骨髄炎関節炎皮膚炎尿路感染症などの治療に用いられる。 また特定の肺炎レンサ球菌咽頭炎感染性心内膜炎の予防にも使用される。 セファレキシンはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、腸球菌シュードモナス属による感染症には効果はない。その他の抗生物質と同じく、セファレキシンはウイルス感染症などのインフルエンザ風邪急性気管支炎には効かない。 セファレキシンは軽度から中度のペニシリンアレルギーの人にも投与できる。しかし、重度のペニシリンアレルギーの人への投与は推奨されていない。[3]

よくある副作用は吐き気や下痢である[3]アレルギー反応クロストリジウム・ディフィシル腸炎の感染、一種の下痢をすることもありえる[3]。現在までに、妊娠中または授乳中の女性が摂取することによる赤ちゃんへの悪影響は発見されていない[3][5][6]。子供でも65歳以上でも安全に使える抗生物質である。腎不全の人は量を減らして摂取する必要がある[3]

セファレキシンは2012年のアメリカで最も処方された薬トップ100のひとつである[7]。 2013年のカナダでは5番目に最も処方された抗生物質である[8]。オーストラリアでは最も処方される薬トップ15のひとつである[9] セファレキシンが開発されたのは1967年[10]であり、1969年から1970年にグラクソ・スミスクラインとイーライリリー・アンド・カンパニー がKeflex と Ceporexという名で他多数の企業と最初に市販した[1][11]ジェネリック医薬品バージョンが複数の商号で安価で入手できる[3][12]。 セファレキシンは医療制度に必要とされる世界保健機関の必須医薬品リストで最も重要な医薬品である[13]

参考文献編集

  1. ^ a b McPherson, Edwin M. (2007).
  2. ^ McEvoy, G.K. (ed.). American Hospital Formulary Service — Drug Information 95. Bethesda, MD: American Society of Hospital Pharmacists, Inc., 1995 (Plus Supplements 1995)., p. 166
  3. ^ a b c d e f g "Cephalexin".
  4. ^ Brunton, Laurence L. (2011). "53, Penicillins, Cephalosporins, and Other β-Lactam Antibiotics".
  5. ^ "Prescribing medicines in pregnancy database".
  6. ^ Wendy Jones (2013).
  7. ^ Bartholow, Michael.
  8. ^ "Human Antimicrobial Drug Use Report 2012/2013" (PDF).
  9. ^ Australia's Health 2012: The Thirteenth Biennial Health Report of the Australian Institute of Health and Welfare.
  10. ^ Hey, Edmund, ed. (2007).
  11. ^ Ravina, Enrique (2011).
  12. ^ Hanlon, Geoffrey; Hodges, Norman (2012).
  13. ^ "WHO Model List of EssentialMedicines" (PDF).