セルジョ・マッタレッラ

イタリアの大統領

セルジョ・マッタレッラSergio Mattarellaイタリア語発音: [ˈsɛrdʒo mattaˈrɛlla]1941年7月23日 - )は、イタリア政治家。同国第12代大統領

セルジョ・マッタレッラ
Sergio Mattarella
Sergio Mattarella Presidente della Repubblica Italiana.jpg
2022年

任期 2015年2月3日
閣僚評議会議長 マッテオ・レンツィ
パオロ・ジェンティローニ
ジュゼッペ・コンテ
マリオ・ドラギ

任期 1998年10月21日1999年12月21日
首相 マッシモ・ダレマ

任期 1999年12月22日2001年6月11日
首相 マッシモ・ダレマ
ジュリアーノ・アマート

任期 1989年7月22日1990年7月27日
首相 ジュリオ・アンドレオッティ

イタリアの旗 イタリア共和国
議会関係相
任期 1987年7月28日 – 1989年7月22日
首相 ジョヴァンニ・ゴリーア
チリアーコ・デ・ミータ

出生 (1941-07-23) 1941年7月23日(80歳)
イタリア王国の旗 イタリア王国 シチリア州パレルモ
政党 キリスト教民主主義 (-1994)
イタリア人民党 (1994-2002)
マルゲリータ (2002-2007)
民主党 (2007-2009)
無所属 (2009-)

副首相、国防相、教育相、議会関係相、下院議員、憲法裁判所判事を務めた。氏名はセルジオ・マッタレラなどとも書かれる。

沿革編集

シチリア州パレルモ出身。パレルモ大学卒業。

政界入り編集

1980年、兄のピエルサンティ・マッタレッラ英語版マフィアに暗殺される。3年後の下院議員選挙にキリスト教民主主義(DC)から出馬して当選。組織犯罪対策に取り組む[1][2]

司法へ編集

2011年10月5日、合同会議により572票を獲得し憲法裁判所判事の選出、11日に就任。

大統領編集

2015年1月31日、大統領選挙の第4回投票において首相であるマッテオ・レンツィ率いる中道左派連合の支援を受け655票(1009票中)を獲得し当選[3]。同年2月3日、大統領に就任[4][1][2]

本人は1期限りのつもりであったが、2022年1月24日に始まった後継を選ぶ大統領選挙は本命不在のまま7回の投票を経ても選出に必要な票数を獲得する候補が現れず、1月29日にマッタレッラは各党と続投することで合意[5]。同日中に行われた8回目の投票で759票を獲得し、大統領に再選された[6]

脚注編集

外部リンク編集

公職
先代:
ピエトロ・グラッソ英語版
(代行)
  イタリア共和国大統領
第12代:2015年 - 現在
次代:
現職