メインメニューを開く

セルメルソークグリーンランド語: Kommuneqarfik Sermersooq、"氷がたくさんある場所"の意味)は2009年1月1日に発足したグリーンランドの基礎的自治体[2]。グリーンランドの首都ヌーク(ゴットホープ)の所在地であり、居住人口は2013年1月現在、21,868人と4つの基礎的自治体中最多である[3]。旧来の東グリーンランドと南西グリーンランドから構成されており、それぞれ形成時にあった大規模な居留地の名称に由来する名前が付けられている[4]

セルメルソーク

Kommuneqarfik Sermersooq
Sermersooq Municipality
時計回りに左上から: ヌーク, Kulusuk, タシーラク, Kangertittivaq
セルメルソークの紋章
紋章
グリーンランドにおけるセルメルソークの区域
グリーンランドにおけるセルメルソークの区域
北緯66度00分 西経40度00分 / 北緯66.000度 西経40.000度 / 66.000; -40.000座標: 北緯66度00分 西経40度00分 / 北緯66.000度 西経40.000度 / 66.000; -40.000
宗主国 デンマーク王国の旗 デンマーク王国
構成国 グリーンランドの旗 グリーンランド
基礎的自治体 Sermersooq-coat-of-arms.png セルメルソーク
設立 2009年1月1日
行政中心地 ヌーク
行政
 • 市長 Asii Chemnitz Narup (イヌイット友愛党)
面積
 • 合計 531,900km2
人口
(2013)[3]
 • 合計 21,868人
等時帯 UTC-3, UTC-1
国際電話番号 +299
ISO 3166コード GL-SM
ウェブサイト sermersooq.gl

地理編集

セルメルソークはグリーンランドの中南部及び東部に位置していて、面積は531,900 km2 (205,367.7 sq mi)[2]であり、カースートスップに次いで世界で2番目に広い基礎的自治体である[2]。南部はクヤレックに隣接しており、境界はAlanngorsuaq Fjordに沿っている。西側の海岸線周辺の河川はラブラドル海に注いでおり、デービス海峡を挟んで北側にはカナダバフィン島と接している。

北部はケカッタと隣接しており、そのさらに北側にはカースートスップがある。カースートスップとはグリーンランド氷床英語版グリーンランド語: Sermersuaq)上の南北を横断する西経45度線でも接しており、往来は容易である。セルメルソークの北側には北東グリーンランド国立公園がある。

町と集落編集

交通編集

セルメルソークはグリーンランド島の東西に跨る2つの基礎的自治体の1つであるが、両海岸の入植地を結ぶ定期便が設定されているのはセルメルソークだけである。ヌーク空港からクルスク空港ナルサルスアーク空港行きの定期便があり、エア・グリーンランドによる季節定期便が就航している[5]。ヌークと西海岸のパーミュート空港英語版を結ぶ地方路線もある。

言語編集

グリーンランド語西部方言ともされるカラーリット語が西海岸の町や居住地で話されている。大きな町ではデンマーク語も使用されている。東部方言のTunumiit oraasiatも東海岸で話されている。

関連項目編集

脚註編集

  1. ^ Sermersooq Municipality: Administration Archived 2011年7月21日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d Welcome to Kommuneqarfik Sermersooq”. Sermersooq Municipality, Official Website. 2011年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月16日閲覧。
  3. ^ a b Greenland in Figures 2013. Statistics Greenland. ISBN 978-87-986787-7-9. ISSN 1602-5709. http://www.stat.gl/publ/en/GF/2013/pdf/Greenland%20in%20Figures%202013.pdf 2013年9月2日閲覧。. 
  4. ^ Sermersooq Municipality (デンマーク語)
  5. ^ Booking system”. Air Greenland. 2010年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月12日閲覧。