スポーツに関する世界一の一覧

ウィキメディアの一覧記事
世界記録 > 世界一の一覧 > スポーツに関する世界一の一覧

スポーツに関する世界一の一覧(スポーツにかんするせかいいちのいちらん)では、スポーツに関する世界で一番や一位の事物を紹介する。

競技者記録は中心ではあるが「歴史・施設・環境・人口・経済・その他」の関連事物も対象とする。

格闘技編集

ボクシング編集

女子ボクシング編集

レスリング編集

総合格闘技編集

陸上競技編集

IAAF認定の記録編集

IAAF認定外の記録編集

重量挙げ編集

競泳編集

ダイビング競技編集

フリーダイビング(日付は記録日[1]

男子記録編集

女子記録編集

サッカー編集

チーム記録編集

個人記録編集

ラグビー編集

チーム記録編集

個人記録編集

テニス編集

※いずれもオープン化以後である

男子記録編集

女子記録編集

ゴルフ編集

男子記録編集

女子記録編集

野球編集

ここで言う通算記録は、メジャーリーグ及び各国プロ野球のリーグ戦でのみ記録されたものであり、プレーオフその他の公式戦で記録されたものは算入しない。

スキー編集

アルペンスキー編集

ノルディックスキー編集

スケート編集

フィギュアスケート編集

スピードスケート編集

ショートトラックスピードスケート編集

種目 選手 国名 都市 日時 記録
500メートル JR Celski   アメリカ合衆国 Calgary, Canada October 21, 2012 39.937
1000メートル Kwak Yoon-Gy   韓国 Calgary, Canada October 21, 2012 1:23.007
1500メートル Noh Jin-Kyu   韓国 Shanghai, China December 10, 2011 2:09.041
3000メートル Noh Jin-Kyu   韓国 Warsaw, Poland March 19, 2011 4:31.891
5000メートルリレー カナダ*   カナダ Calgary, Canada October 19, 2012 6:30.958
* Relay members for Canada were : Charles Hamelin, Francois Hamelin, Michael Gilday, Olivier Jean


競馬編集

自転車競技編集

ロードレース編集

トラックレース編集

モータースポーツ編集

フォーミュラ1編集

通算記録
最年少記録および最年長記録

世界ラリー選手権編集

通算記録
最年少記録および最年長記録

スカイスポーツ編集

スカイスポーツスカイスポーツ競技」に関する世界記録

気球編集

無人気球については「乗り物に関する世界一の一覧#気球」を参照
高度12万8100ft(約3万9045m[3]2012年10月14日にスカイダイバーのバウムガルトナーが達成。

スカイダイビング編集

高度12万8100ft(約3万9045m[3]からの降下。2012年10月14日に達成。
  • 自由落下(フリーフォール)による最高落下速度記録 - フェリックス・バウムガルトナー(  オーストリア
音速を超える729mph(約1,174km/h[3]マッハ1.24を達成。※日付は上記と同時期

ウォータースポーツ編集

ボート競技編集


脚注編集

  1. ^ 日本フリーダイビング協会, 世界記録, http://aida-japan.com/record/wr_record 2019年2月15日閲覧。 
  2. ^ 2012年~2016年。それを含めて2011年のブエルタ・ア・エスパーニャから2017年のツール・ド・フランスまで開催機会18回連続グランツールに出場し、尚且つ完走
  3. ^ a b c 競技の計測単位はアメリカ合衆国基準(ヤード・ポンド法基準)か。

関連項目編集