メインメニューを開く

セントラル文庫(セントラルぶんこ)は、かつて愛知県名古屋市中区に存在した出版社、もしくはそこで出版されていた漫画単行本レーベル。主に貸本漫画を出版した。

セントラル文庫
本社所在地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市中区呉服町3-7
テンプレートを表示

概要編集

出版取次であった東海書籍を前身とする。日の丸文庫と袂を分かった漫画家の久呂田まさみが社長の立石栄吉を口説き、1957年に貸本出版社として創業[1]したとされているが実際には昭和29年頃より「中部出版社」名義で出版活動を行っていた。

社名を「セントラル出版社」に変更したのち、劇画短編誌『街』を出版しヒット作となる。その売上に気をよくした立石は取次の仕事を止め出版業に専念するが、貸本漫画ブームの衰退と共に事業は縮小し1962年10月に一旦出版を中止し整理がなされたが、その後住所を神田に移し横山まさみちの単行本等を1964年初頭まで出版活動を続けた。

エピソード編集

出版物編集

  • 『街』全63号
  • 『大都会』シリーズ
  • 『渚』全17号 本誌のほかに別冊表記の物が数冊あり
  • 『白鳥』シリーズ
  • 『一文字』シリーズ

脚注編集

参考文献編集

  • 中野晴行『手塚治虫と路地裏のマンガたち』筑摩書房、1993年(日本語)。ISBN 4480872132
  • 佐藤まさあき『「劇画の星」をめざして - 誰も書かなかった「劇画内幕史」』文芸春秋、1996年(日本語)。ISBN 4163523200

関連項目編集