メインメニューを開く

セーラ・ダ・エストレーラ

ポルトガルのチーズ

セーラ・ダ・エストレーラポルトガル語: Queijo Serra da Estrela[1][5])はポルトガルで生産される、羊乳を原料としたチーズ。名称は山脈の名(エストレーラ山脈)に由来する[2][6]。ポルトガルチーズの代表格として扱われる[2][6]。セミハードタイプに分類されるが、中身はクリーミーで柔らかい[2]。ソフトタイプとして紹介されるケースもある[7]。ポルトガル最古のチーズで、ローマ時代に起源があるといわれる[6]アレンテージョ地方のチーズであるセルパはセーラ・ダ・エストレーラの製法が2、3世紀ごろに伝わったものとされる[8]1996年EU原産地名称保護制度におけるPDO認定を受けている[5]。スローフード協会により“味の箱舟英語版”にも選定されている[9]

セーラ・ダ・エストレーラ
Queijo Serra da Estrela[1]
Queijo Serra da Estrela.jpg
基本情報
分類 本文参照
原料 羊乳[2][3]
原産国 ポルトガル
原産地 エストレーラ山脈[4]
生産場所 酪農場
生産期間 12月から2月
形状 円筒状
大きさ 通常直径15-20cm
高さ4-6cm
重量 1,000 - 1,700g
脂肪分 45%
表皮 光沢があり、なめらか。側面は布で巻いてある。
熟成 最低30-60日
呼称統制 PDO (1996[5])
テンプレートを表示

原料乳は現地のヒツジ(セーラ種)のものを使う[2][7]。凝固剤にはアーティチョークのおしべを用い、熟成にあたっては周囲を布で巻いて固定する[2]。表皮は硬いが中身は柔らかいので一皮むいてスプーンですくい、基本的にパンクラッカーと合わせる[4]。飲み物であればポートワインと相性がよい[2]。味は苦みが若干あり[4]、バター風味のコクも感じられる[2]。表皮は捨てずにあとでチョリソジャガイモなどを入れる器代わりとし、まるごとオーブンで焼いてから食すという調理法もある[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Queijoは日本語ではケイジョと表記される、チーズをさすポルトガル語。本項における日本語表記では『チーズ図鑑』(本間, 増井 & 山田 2009) にならいケイジョを省略している。
  2. ^ a b c d e f g h 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、186頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り (本間, 増井 & 山田 2009, p. 186) による。
  4. ^ a b c d ポルトガル大使館 (2016年9月3日). “チーズ通垂涎のチーズ大国ポルトガル!絶対食べて欲しい厳選ポルトガルチーズ3選”. ippin. ぐるなび. 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ a b c DOOR - Queijo Serra da Estrela”. EU. 2019年1月12日閲覧。(英語)
  6. ^ a b c ポルトガルの山のチーズを訪ねて”. チーズプロフェッショナル協会. 2019年1月12日閲覧。
  7. ^ a b チーズプロフェッショナル協会NPO法人 『世界のチーズ図鑑』 マイナビ、2015年、173頁。ISBN 9784839954802https://books.google.co.jp/books?id=W4mYCgAAQBAJ 
  8. ^ Serpa/ケージョ デ セルパ”. フェルミエ (2000年5月1日). 2019年4月23日閲覧。
  9. ^ Ark of Taste” (英語). スローフード協会. 2019年5月10日閲覧。

外部リンク編集