ゼニゴケ (Marchantia polymorpha L.) は、ゼニゴケ科ゼニゴケ属の植物である。ただし、ゼニゴケ科のもの全体をよぶ総称として、あるいは類似の構造をもつ苔類の総称としても用いられる。近似種の区別が難しいので、普通は区別せずこう呼ばれることが多い。なお、葉状体の形だけで見ればゼニゴケ亜綱ツノゴケ亜綱のかなりのものが似て見える。

ゼニゴケ
MarchantiaPolymorpha.jpg
ゼニゴケ (Marchantia polymorpha)。
杯状体が見える。
分類
: 植物界 Plantae
: ゼニゴケ植物門 Marchantiophyta
: ゼニゴケ綱 Marchantiopsida
亜綱 : ゼニゴケ亜綱 Marchantiidae
: ゼニゴケ目 Marchantiales
: ゼニゴケ科 Marchantiaceae
: ゼニゴケ属 Marchantia
: ゼニゴケ M. polymorpha
学名
Marchantia polymorpha
L.
シノニム

Marchantia alpestris
Marchantia aquatica

和名
ゼニゴケ
英名
Common liverwort

19世紀前半から論文が発表されるなど研究対象としては古く[1]、近年においても実験生物として注目され始めている[2]

生育編集

世界中に分布し、日本では北海道から九州まで、主に人家の周辺に繁茂する。特に、家の北側など湿気の多い場所に見られることがある。庭に生えるコケ類は日本庭園では喜ばれることが多いが、ゼニゴケ類は地面に深く張り付いて広がり、見栄えが良くないため、雑草として嫌われることも多い[2][3]。また、非常に除去しにくい。

脚注編集

参考文献編集

  • 大和勝幸; 石崎公庸; 河内孝之 (2009), “ゼニゴケの培養法”, 低温科学 (北海道大学低温科学研究所) 67: 23-29, ISSN 18807593, NAID 120001492976, https://hdl.handle.net/2115/39086 
  • 嶋村正樹 (2012), “ゼニゴケの分類学と形態学” (PDF), 植物科学最前線 (日本植物学会) 3: 84-113, http://bsj.or.jp/frontier/BSJreview2012B4.pdf