ゼートス古希: Ζῆθος, Zēthos)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してゼトスとも表記される。ニュクテウスの娘アンティオペーゼウスの子で、アムピーオーンと兄弟。テーベーを妻とし[1]ネーイスをもうけた[2]

ゼートスとアムピーオーン。ミュンヘンノイエ・ピナコテーク所蔵。

神話編集

母アンティオペーはゼウスの子を身ごもったため、ニュクテウスの怒りを買い、シキュオーンに逃げた。しかしアンティオペーはリュコスに捕えられ、テーバイに連行されるとき密かにゼートスとアムピーオーンを生んで捨てた[3]。ゼートスの名前の由来は、アンティオペーが出産のさいに産む場所を探した(ゼーテイン)[4]、あるいは出産が苦しくないことを望んだ(ゼーテイン)によるという[5]。その後成長したゼートスは牛飼いを、アムピーオーンは竪琴を学んだが、リュコスの妻ディルケーに虐待されていたアンティオペーが彼らのところに逃げてきたときに母であると知り、アムピーオーンとともにディルケーを殺して母を救い、さらにテーバイに軍を進めてリュコスを殺して王権を奪い、テーバイを城壁で囲った[3]

ホメーロスによればテーバイを創建したのはゼートスとアムピーオーンであり[6]、テーバイの名前の由来もゼートスの妻テーベーに由来するという[1]。ゼートスは死後、アムピーオーンと同じ墳墓に合葬された[7]。また子のネーイスはテーバイの門の1つネータイ門の由来になったという[2]

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
アルキュオネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
ヒュリエウス
 
クロニエー
 
ヒュペレーノール
 
アイトゥーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
ニュクテウス
 
ポリュクソー
 
 
 
 
 
リュコス
 
ディルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
 
 
アンティオペー
 
ゼウス
 
 
 
 
タンタロス
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
ゼートス
 
テーベー
 
アムピーオーン
 
ニオベー
 
 
 
ペロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
 
 
 
 
ネーイス
 
ネーレウス
 
クローリス
 
 


脚注編集

  1. ^ a b アポロドーロス、3巻5・6。
  2. ^ a b パウサニアス、9巻8・4。
  3. ^ a b アポロドーロス、3巻5・5。
  4. ^ ヒュギーヌス、7話。
  5. ^ 『大語源辞典』。
  6. ^ 『オデュッセイア』11巻262行-265行。
  7. ^ パウサニアス、9巻17・4。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
リュコス
テーバイ王(神話時代)
次代:
ラーイオス