メインメニューを開く

ソシゲネスアレキサンドリアのソシゲネス:Sosigenes、紀元前1世紀頃)は、大プリニウスの『博物誌』に記述のある天文学者で、カエサルによるユリウス暦への改訂にエジプトの太陽暦を参考するように提議したとされる天文学者である。

ユリウス暦の改訂に助言したとされる天文学者には他にAcoreusがいる。大プリニウスの『博物誌』にはソシゲネスの水星の軌道についての研究についての記述があり、水星が太陽から22度以上離れないをことを知っていたとされる。