天文学ポータル
Saturn false color Voyager-1.jpg

天文学てんもんがく)とは、天体天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。地球科学物理学の一分野とされることもあり、位置天文学天体力学天体物理学などから構成される。位置天文学は天体の位置を、天体力学は天体の運動を研究する学問で、天文学の中でも古典分野とみなされている。

これに対し、天体物理学は天文学の近代分野とみなされており、天体の物理状態や進化を研究する学問である。宇宙物理学は、天文学で観測した天体のふるまいを物理学的に解明しようとする学問である。天文学のほとんどの分野は物理学を前提として成り立っており、観測結果は物理的に説明されることがほとんどである。そのため、天体物理学と宇宙物理学は非常に近い意味で使われている。……

お知らせ

ウィキポータル 天文学天文学に関するポータルページです。天文学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。特集、今週の一枚、新着項目などのコラムのメンテナンスはどなたでも可能です。自由に編集してください。

  • 2006年8月14日: ウィキポータル 天文学が正式リリースされました。
  • 2006年6月5日: Category:天文学関連のスタブ項目が作成されました。テンプレートは、{{Sci-stub}} の代わりに {{Astro-stub}} を使ってください。その際、{{DEFAULTSORT}} を用いて項目のソートキーを一括して指定して下さい。ただし、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてください。
  • 2006年9月1日: Category:天文学関連のスタブ項目のサブカテゴリとしてCategory:宇宙開発関連のスタブ項目が作成されました。ロケット宇宙船などの記事では、{{Astro-stub}} の代わりに {{Space-stub}} を使ってください。その際、{{DEFAULTSORT}} を用いて項目のソートキーを一括して指定して下さい。また同じく、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてください。
  • 決議広告: 2007年10月25日(UTC)、ノート:小惑星にて、「『確定符号がついたが命名されていない小惑星』の記事名は『(小惑星番号) 仮符号』とする」との決定がなされましたので広告いたします。
協力者募集中
  • ウィキポータルの更新

執筆依頼編集

参考:Wikipedia:多数の言語版にあるが日本語版にない記事/天文

天文学編集

天体編集

研究者編集

その他編集

加筆依頼編集

リダイレクトになっている記事編集

書きかけの項目のカテゴリ編集

特集項目
2004年6月8日の金星の太陽面通過。ドイツイェーナにて。

地球における金星の太陽面通過(きんせいのたいようめんつうか)は、金星太陽面を黒い円形のシルエットとして通過していくように見える天文現象である。金星が地球と太陽のちょうど間に入ることで起こる。日面通過日面経過太陽面経過とも呼ばれる。記録に残る初の観測は、1639年エレミア・ホロックスによってなされた。

金星の太陽面通過は非常に稀な現象で、近年では、8年、105.5年、8年、121.5年の間隔で発生する。直近では協定世界時2012年6月5日から6日にかけて起こった。次回は2117年12月10日から11日にかけて起こる。

続きを読む

特集画像
天文学者 Chunk Ayoubによって撮影されたIC 1396A。象の鼻のような形をしている。
Ken Crawfordによって撮影されたはくちょう座シグナスウォール
議題
改名・移動依頼
削除
良質・秀逸
その他


新着記事

(探す|編集)

日付は初版の投稿日時で、UTCで表示

新規記事作成後は索引にも追加してください。 3.6 NGC 53,秘密の男 3.3 NGC 54 3.1 NGC 51,TYC 2505-672-1 2.28 B2FH論文 2.27 TOI-755,ザララップ効果 2.26 ケンタウルス座アルファ星Ab 2.24 2020 SW,GJ 3379 2.23 NGC 1360 2.21 2020 FA31,2020 FY30 2.20 スカルナテ・プレソ天文台 2.19 グリーゼ740 2.17 2018 AG37 2.15 スペース・スペクタクル 2.13 カール・ゴットリーブ・エーラ,HR 5183 2.12 TOI-451 2.6 たて座ガンマ星 2.5 2020 SL1 1.30 HD 139139,うさぎ座イータ星 1.28 2020 PP1,ティスラン・パラメータ 1.27 2020 VT1,やぎ座イプシロン星 1.24 2021 AV7 1.23 ルシアン・ルドー 1.21 6mミリ波電波望遠鏡 1.18 KOI-5 1.17 2004 TG10,NGTS-3Ab 1.16 NGTS-11b,MASTER彗星 (C/2020 F5),2021年に発見された彗星の一覧 1.15 地球に近い太陽系外惑星の一覧,NGTS-14Ab 1.7 TTV法によって発見された太陽系外惑星の一覧, 1.6 2021年に発見された太陽系外惑星の一覧,2021年に地球へ接近した小惑星の一覧 1.4 MeerKAT 1.2 共形サイクリック宇宙論 1.1 BLC-1,こうま座デルタ星 12.30 NGC 2217,ビッグバウンス 12.28 惑星数が多い惑星系の一覧 12.27 トランジット系外惑星探索衛星が発見した惑星の一覧,けんびきょう座AU星c,WR 134 12.25 はと座デルタ星 12.24 WR 112,呉市かまがり天体観測館 12.23 2010年に発見された太陽系外惑星の一覧 12.21 2009年に発見された太陽系外惑星の一覧,2020 AP1 12.20 2020 XR 12.19 グリーゼ357d,TOI-677 b 12.18 LHS 3844 b 12.17 モモンガ座,TOI-178,ベラパルサー(要出典) 12.15 トランジット系外惑星探索衛星が発見した惑星の一覧(12.27削除のち12.27再作成) 12.14 ハウメアの衛星,ハウメアの環 12.13 HD 213885 12.12 ちょうこくしつ座ベータ星 12.11 2020 VT4,TOI-1266 12.10 エクソ・イオ 12.9 コンパス座ベータ星 12.8 パンルヴェ予想,(98943) 2001 CC21 12.7 2020 VV 12.5 2008年に発見された太陽系外惑星の一覧,ちょうこくぐ座ベータ星 12.3 2007年に発見された太陽系外惑星の一覧 12.2 2006年に発見された太陽系外惑星の一覧 12.1 2017年に発見された太陽系外惑星の一覧 11.27 Hunt for Exomoons with Kepler 11.26 シャールジャ天文&宇宙科学センター 11.25 天の極(要出典),Ecliptic Plane Input Catalog 11.22 太陽系地球型惑星大気監視望遠鏡,北京天文台 11.21 ニザミア天文台 11.18 ストラトスコープ 11.14 高速電波バースト 11.12 イジリーヤ・アストゥルラービーヤ,イルハン天文表 11.11 Multi-site All-Sky Camera 11.8 OGLE-2016-BLG-1928,国際惑星地球年 11.7 ナジュムッディーン・カーティビー 11.4 永田美絵 11.2 ギラワリ天文台 11.1 クレーター錯視


過去ログ:2020年/2019年/2018年/2017年/2016年/2015年/2014年/2013年/2012年/2011年/2010年/2009年/2008年/2007年/2006年/2005年/2004年/2003年

ウィキプロジェクト
姉妹プロジェクト
ウィキブックス ロゴ

ウィクショナリーでは、天文学分野の執筆・加筆者を募集しています。

ウィキブックス ロゴ

ウィキブックスでは、天文学分野の執筆・加筆者を募集しています。

コモンズ ロゴ

ウィキメディア・コモンズでは、天文学分野の画像・メディアファイルを募集しています。