メインメニューを開く

ソルビトール (sorbitol) はグルコース還元し、アルデヒド基ヒドロキシ基に変換して得られる糖アルコールの一種。ソルビット (sorbit) またはグルシトール (glucitol) ともいう。甘味があり、食品添加物などに用いられる。

ソルビトール
識別情報
CAS登録番号 50-70-4
PubChem 82170
E番号 E420 (増粘剤、安定剤、乳化剤)
MeSH Sorbitol
特性
化学式 C6H14O6
モル質量 182.17 g/mol
密度 1.489 g/cm3
融点

95 °C

沸点

296 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

バラ科ナナカマド属 (Sorbus) の植物から発見された糖アルコールのため、ソルビトールと命名された。

植物体内での機能編集

バラ科の植物は、光合成産物のデンプン篩管を通じて転流するときに、デンプンの加水分解で生じたグルコースをソルビトールに変換する。スターキングデリシャスなど、リンゴの品種の一部では、果実内に転流してきたソルビトールを、グルコースやフルクトースといった糖に変換する代謝系が果実の成熟に伴って停止しても、果実内へのソルビトールの転流は継続する。そのため、果実内の維管束周辺にソルビトールが蓄積していわゆるリンゴの「蜜」と呼ばれる半透明部分を形成し、果実の成熟の指標となる。

生理学編集

ソルビトールは、動物の体内ではグルコース(ブドウ糖)をアルデヒド基還元によってソルビトールにした上で、再度別のヒドロキシ基酸化し、ケトン基とすることでフルクトース(果糖)を生成する(ポリオール経路)。そのため、精子の活動時の栄養源として精液中のフルクトースを合成する精嚢内にその存在が確認されている。

虫歯への影響編集

ソルビトール(ソルビット)は、歯科・口腔衛生分野において、甘味料、湿潤剤(口腔内全域を覆うとともに隙間にも浸透する)として広く用いられており、一般に「虫歯(う蝕)の原因にならない」「酸を生成しない」という宣伝がされていたりするが、実際には砂糖(スクロース)より速度的により遅くはあるが酸を生成し、その酸が虫歯の原因になる可能性がある[1]

また、Streptococcus mutansを含むStreptococcusにはソルビトールからの酸生成を行う能力がある事が知られている[2]

用途編集

甘味料編集

同じ重量の砂糖と比べてカロリーが75%程度と低いため、ダイエット食品、菓子などの低カロリー食品の甘味料として使用されている。しかし、甘味度は砂糖と比べて60%程度しかないので、同じ甘さを得るためには砂糖よりも多く加える必要がある。また、水に溶解する際に吸熱反応を起こし、口の中でひんやりとした感触がすることから、ガムスナック菓子などに清涼剤として用いられる。

改良剤編集

蒲鉾などの 魚肉練り製品に砂糖などと共に添加することで、水分を保持しやすく、冷凍しても変質しなくなるほか、成形後の製品の食感を保持する効果がある。このため、改良剤としても使用される。また、黄金かまぼこと呼ばれる商品では、タンパク質が糖-アミノ反応(メイラード反応)を起こすことで金色に発色させる効果も利用されている。

医薬編集

歯磨剤洗口液うがい薬下剤栄養剤浣腸液などの医療用途にも使われている。

化粧品・アメニティ編集

保湿剤増粘剤として化粧品に添加されている。

品質保持、凍結防止、透明性向上などの目的で、うがい薬や練り歯磨きにも添加されている。

燃料編集

硝酸カリウムと混合して、模型ロケットの燃料に使われる。

脚注編集

  1. ^ キシリトールと甘味料[要出典]
  2. ^ 例えば、キシリトールを使用した菓子の商品テスト結果 PDF形式 (PDF) (14頁上の表5)などにおいてもその事が確認出来る。

関連項目編集