メインメニューを開く


ソーマプライアは、日本ビーチサッカーのクラブチーム。沖縄県を中心に活動している。

ソーマプライア
呼称 ソーマプライア
創設年 2004年
ホームタウン 沖縄県の旗沖縄県
運営法人 アバレフット株式会社
代表者 河原塚 毅
監督 河原塚 毅
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

沿革編集

2004年設立[1]。チーム名はポルトガル語で「太陽」や「海岸」などの意味を持っている。日本で唯一のプロによるビーチサッカーのクラブチームとして活動すると共に、海岸や自然の環境保護、清掃活動などを通して、ビーチサッカーを地球環境に最も適したスポーツとして定義することを目指す[2]

チームは2005年から始まったFIFAビーチサッカーワールドカップビーチサッカー日本代表に数多くの選手を輩出するとともに、自クラブも2010年2012年全国ビーチサッカー大会に優勝するなど、日本のビーチサッカーをリードする存在として活躍している[1]

獲得した全国タイトルは、計7回(全国ビーチサッカー大会2回・ビーチサッカーフェスティバル4回・BeachSoccer地域リーグチャンピオンシップ1回)である。

2018年4月にはFC琉球との包括協定締結[3]、5月には齋藤巧坪谷亮太とのプロ契約が発表された[4]

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集