タカナ語(タカナご、Tacana、Takana)とは、ボリビアで話されている言語の一つである。

タカナ語
話される国 ボリビアの旗 ボリビア
話者数 1820人(Adelaar 2004)[1]
言語系統
タカナ語族英語版
言語コード
ISO 639-3 tna
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

系統編集

Kaufman (1994) はタカナ語をアラオナ語レイェサノ語英語版と共にタカナ語族タカナ語群に分類している。Hammarström (2016) はレイェサノ語と共に Pano-Tacanan の Tacanan、Takanik-Chamik、Takanik という位置づけとしているが、いずれの資料においてもレイェサノ語、アラオナ語、トロモナ語英語版(Toromona)、エセエハ語(Ese Ejja)、カビネーニャ語英語版と近い関係にあるという点は共通している。

音論編集

分節音素編集

Ottaviano & Ottaviano (1967:139) によると、音素として p、t、k、b、d、、d'、s、š、c、č、m、n、w、y、h、ˀ、i、e、a、u が存在する。

一方、Key (1968) は以下のような表を挙げている。

タカナ語の子音の一覧
p t k
kw
b d [dž]
r ď̵
s š
c č
m n
w y
h
ʔ
タカナ語の母音の一覧
i o [u]
e [ɛ] a [ə]

voiced flat fricative である。

超分節音素編集

Key (1968) によると、接辞が付加される場合や2種類の単語を除き、ストレスが最後から二番目の音節に置かれる。

木村(1988)は、タカナ語はアラオナ語と同様に話の速度が遅く、ストレスは多用せず、またピッチの切り替えも早くないために「流れるように穏やかな印象を与える」との評を下している。

文法編集

形態論編集

Dryer (2013a) は Ottaviano & Ottaviano (1967:passim) 等を典拠として、語形変化に関して接頭辞接尾辞がかかわる割合は、接尾辞のほうが遥かに大きい傾向にあるものとしている。

統語論編集

語順編集

Dryer (2013b) は Ottaviano & Ottaviano (1980) から、について優勢な語順は特に存在しないと読み取っている。

Dryer (2013c) は Ottaviano & Ottaviano (1967:175–177) から、「所有者-被所有者」の語順を読み取っている。

例:

  • kiema-kuara
グロス: 1sg.poss-母
訳: 「私の母」
  • tuace sa-uči
グロス: 3pl poss-犬
訳: 「彼らの犬」

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Lewis et al. (2015).

参考文献編集

  • Dryer, Matthew S. (2013a) "Feature 26A: Prefixing vs. Suffixing in Inflectional Morphology". In: Dryer, Matthew S.; Haspelmath, Martin, eds. The World Atlas of Language Structures Online. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology. http://wals.info/ 
  • Dryer, Matthew S. (2013b) "Feature 81A: Order of Subject, Object and Verb". In: Dryer, Matthew S.; Haspelmath, Martin, eds. The World Atlas of Language Structures Online. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology. http://wals.info/ 
  • Dryer, Matthew S. (2013c) "Feature 86A: Order of Genitive and Noun". In: Dryer, Matthew S.; Haspelmath, Martin, eds. The World Atlas of Language Structures Online. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology. http://wals.info/ 
  • Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Tacana”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/taca1256 
  • カウフマン, テランス英語版 (2000). 「南アメリカの先住民語」 R. E. アシャー、クリストファー・マーズレイ 編、土田滋、福井勝義 日本語版監修、福井正子 翻訳『世界民族言語地図』東洋書林、41-88頁。4-88721-399-9 (原書: Atlas of the World's Languages, 1994, London: Routledge.)
  • Key, Mary Ritchie (1968). Comparative Tacanan Phonology: with Cavineña Phonology and Notes on Pano-Tacanan Relationship. The Hague: Mouton. https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA11360737 
  • 木村, 秀雄 (1988). 「エセエハ語」 亀井孝河野六郎千野栄一 編『言語学大辞典』第1巻、三省堂、930-934頁。4-385-15213-6
  • "Tacana." In Lewis, M. Paul; Simons, Gary F.; Fennig, Charles D., eds. (2015). Ethnologue: Languages of the World (18th ed.). Dallas, Texas: SIL International.
  • Ottaviano, John C. & Ida Ottaviano (1967). Tacana. In Esther Matteson (ed.) Bolivian Indian grammars 1, pp. 139–207. Norman: Summer Institute of Linguistics of the University of Oklahoma. 2017年1月25日閲覧。

関連文献編集

  • Adelaar, W. F. H. (2004). "Linguistic diversity in the Andean countries (Argentina, Bolivia, Chile, Ecuador, Peru) and Paraguay." In M. J. Valdés & D. Kadir (eds.), Literary cultures of Latin America: A comparative history, Vol. 1, pp. 96–103. New York: Oxford University Press.
  • Ottaviano, Ida de (1980). Textos tacana. Riberalta, Bolivia: Instituto Lingüístico de Verano.