タケアズキ学名 : Vigna umbellata)(英語:Ricebean)(中国語:赤小豆;ピンイン: chìxiăodòu )はササゲ属の作物。中国南部からベトナムラオスタイの北部、ミャンマーインド が原産で、インドシナ、中国南部、インドネパールバングラデシュなどで栽培される。ツルアズキ(蔓小豆)、カニメ (蟹目)、 バカアズキとも呼ばれる[1][2]トウモロコシモロコシとの混作で窒素固定を行なうために用いられることが多い。種子は、飼料食用にされる。中国では主に漢方薬として利用されるが、広東スープの食材としても一般的な為(葛の根と煮る粉葛赤小豆湯など)、広東省ではスーパー等で容易に手に入れる事が出来る。

タケアズキ
赤小豆.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ササゲ属 Vigna
亜属 : アズキ亜属 Ceratotropis
: タケアズキ V. umbellata
学名
Vigna umbellata (Thunb.) Ohwi & H. Ohashi
英名
Ricebean
タケアズキ(左)と アズキ(右)

タケアズキ(竹小豆)は流通上の名称で、植物分類学上の正式名称はツルアズキ[3]

脚注編集