タジ・マハール (アルバム)

タジ・マハールのアルバム

タジ・マハール』(Taj Mahal)は、アメリカ合衆国ブルース・ミュージシャン、タジ・マハール1968年に発表した初のスタジオ・アルバム

タジ・マハール
タジ・マハールスタジオ・アルバム
リリース
録音 1967年8月[1][2]
ジャンル ブルース、エレクトリック・ブルース
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース デヴィッド・ルービンソン
専門評論家によるレビュー
タジ・マハール アルバム 年表
タジ・マハール
(1968年)
ナッチェル・ブルース
(1968年)
テンプレートを表示

背景編集

マハールは当初、ライ・クーダーらと共に結成したグループ「ザ・ライジング・サンズ」としてコロムビア・レコードとの契約を得るが、同バンド名義のリリースはシングル1作のみに終わり、残りの録音は1992年まで発表されなかった[3]。その後マハールは、ソロ・アーティストとしてコロムビアとの契約を継続し、1968年に本作でデビューを果たす[3]

オリジナルLPのジャケットは、ロサンゼルスにあるヴィクトリア様式の住宅の前でギターを弾くマハールの写真に、鳥やチョウの絵がコラージュされていた。ただし、マハールによれば、このデザインは自分の意図に反していたとのことで[4]、2000年リマスターCDのジャケットは、コラージュが外されて写真とタイトル・ロゴのみのデザインに変更された。

評価・影響編集

Bruce Ederはオールミュージックにおいて満点の5点を付け「多くのベテランのブルース・アーティストが(多くの場合はレコード・レーベルに強要されて)サイケデリアに傾倒し始めた年に、古いブルースと新しいブルースのサウンドのハードかつエキサイティングな融合を、レコード上で表現してみせた」と評している[1]。マハールのオリジナル曲「EZライダー」は、ジョニー・ウィンターのアルバム『ホワイト、ホット&ブルー』(1978年)でカヴァーされた[5]

収録曲編集

  1. リーヴィング・トランク - "Leaving Trunk" (Sleepy John Estes) - 4:51
  2. ステイツボロ・ブルース - "Statesboro Blues" (Blind Willie McTell) - 2:59
  3. チェッキン・アップ・オン・マイ・ベイビー - "Checkin' Up on My Baby" (Sonny Boy Williamson) - 4:55
  4. エヴリバディズ・ゴット・トゥ・チェンジ・サムタイム - "Everybody's Got to Change Sometime" (S. J. Estes) - 2:57
  5. EZライダー - "EZ Rider" (Taj Mahal) - 3:04
  6. ダスト・マイ・ブルーム - "Dust My Broom" (Robert Johnson) - 2:39
  7. ダイヴィング・ダック・ブルース - "Diving Duck Blues" (S. J. Estes) - 2:42
  8. セレブレイテッド・ウォーキン・ブルース - "The Celebrated Walkin' Blues" (Traditional) - 8:52

参加ミュージシャン編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Eder, Bruce. “Taj Mahal - Taj Mahal”. AllMusic. 2018年5月15日閲覧。
  2. ^ 2000年リマスターCD (Legacy, CK 65858)英文ブックレット内クレジット
  3. ^ a b Steve, Huey. “Taj Mahal - Biography & History”. AllMusic. 2018年5月15日閲覧。
  4. ^ 2000年リマスターCD (Legacy, CK 65858)ブックレットの裏表紙に記載されたマハールのコメント参照。
  5. ^ Ruhlmann, William. “White Hot & Blue - Johnny Winter”. AllMusic. 2018年5月15日閲覧。