メインメニューを開く

タツクチナワとは、北部九州に伝わる怪蛇である[1]

耳を持つ蛇であり[1][2]佐賀県小城市の龍天池では、これが水面を通るときに池で泳いでいる者は、必ず河童による水難に遭うという[2]

名称の「クチナワ」には、蛇または蛇憑きの意味がある[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 千葉幹夫 『全国妖怪事典』 小学館〈小学館ライブラリー〉、1995年、216頁。ISBN 4-094-60074-4
  2. ^ a b 『全国妖怪事典』 219頁。
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社、2000年、144頁。ISBN 4-620-31428-5