メインメニューを開く

タフアフアイ」または「タフワフワイ[1]」として知られる「ハワイアン・ウォー・チャント (Hawaiian War Chant)」は、アメリカ合衆国のポピュラー楽曲で、原曲の旋律と歌詞は1860年代レレイオホク王子英語版によって書かれたものである[2]。原曲の曲名は「カーウア・イ・カ・フアフアイ (Kāua I Ka Huahuaʻi)」(「我々二人は飛沫を受けている」の意)といった[3]。これはチャントとして書かれたものではなく、ハワイ語の歌詞は、恋人ふたりの密会を歌ったもので、戦いを歌ったものではない。英語の曲名は、この曲が元々ハワイで書かれ、演奏された内容と、まったく関係なく付けられたものである。

Hawaiian War Chant
楽曲
発祥 1860年代
作詞者 レレイオホク王子
言語 ハワイ語
カバー クロウエル・グリー・クラブ
トミー・ドーシー
レス・ポールメリー・フォード英語版
ビル・ヘイリーと彼のコメッツ
ボブ・ウィリスと彼のテキサス・プレイボーイズ英語版
歌唱 ヒロ・ハッティ英語版
牧伸二
サンディ・グリフィス英語版サリー・フリン英語版

歴史編集

この曲は、原曲の曲名で、1911年6月にクロウエル・グリー・クラブ (the Crowel Glee Club) によって録音され、コロムビア・レコードからリリースされた[4]

ラルフ・フリード英語版による英語の歌詞は、1936年に書かれ、その際にジョニー・ノーブル英語版によって旋律に若干の変更が加えられた。トミー・ドーシー1938年11月29日にこの曲を録音し、アメリカ合衆国カナダにおいてビクター・レコードからリリースした[5]。ドーシー楽団によるこの曲の1942年の演奏は、ドラマーのバディ・リッチとトランペットのジギー・エルマン英語版をフィーチャーしている。[6]。この曲は、エレノア・パウエルレッド・スケルトン、さらにトミー・ドーシー楽団が出演した1942年の映画Ship Ahoy』にもフィーチャーされた[7]

スパイク・ジョーンズは、この曲を1946年2月にビクターで録音したが[8]、そのボーカルは、カール・グレイソン (Carl Grayson) であった。ジョエル・ホイットバーンによれば、このバージョンは、チャートの8位まで達したという。

やんなっちゃった節編集

日本のコメディアンで、ウクレレを使った漫談を芸とした牧伸二は、1959年に「タフアフアイ」の旋律にのせて世相風刺を織り込んだ歌詞を歌い、「ああやんなっちゃった...」とフレーズを続ける「やんなっちゃった節」を編み出し、1960年代以降に広く知られるようになった[9]

脚注編集

  1. ^ タフワフワイは戦争の歌?(世田谷第1回「ハワイアン・カフェ」コーナー)、MATTの「ハワイアン・パラダイス」、2004年4月10日。
  2. ^ William Pitt Leleiohoku”. Hawaiian Music Hall of Fame. 2013年6月19日閲覧。
  3. ^ ハワイ語では、元々の子音「t」が「k」に変化した経緯があり、歌唱などにおいては「k」と表記された音を「t」で発声することがあるため、この曲名も「ターウア・イ・タ・フアフアイ」とされることがある。:Hulaの手引きジョージ・ホロカイが伝えたフラの世界 Hula Le'a×Aloha Heaven presents”. 国立国会図書館. 2017年2月1日閲覧。
  4. ^ Rockwell, T. Malcolm (2007). Hawaiian & Hawaiian Guitar Records 1891 - 1960. Kula, Hawaii: Mahina Piha Press. p. 184. 
  5. ^ Rockwell, T. Malcolm (2007). Hawaiian & Hawaiian Guitar Records 1891 - 1960. Kula, Hawaii: Mahina Piha Press. p. 220. 
  6. ^ Gilliland, John (1994). Pop Chronicles the 40s: The Lively Story of Pop Music in the 40s (audiobook). ISBN 978-1-55935-147-8. OCLC 31611854. Tape 2, side A.
  7. ^ IMDB - Ship Ahoy (1942) Soundtracks
  8. ^ Rockwell, T. Malcolm (2007). Hawaiian & Hawaiian Guitar Records 1891 - 1960. Kula, Hawaii: Mahina Piha Press. p. 552. 
  9. ^ “(浅草の灯よ 六区の芸人:その8)牧伸二 病乗り越え「皮肉節」”. 朝日新聞・東京朝刊・東京都心: p. 35. (2006年12月21日). "1959年、牧伸二(72)は...。... 世相への風刺を入れた四行詩の最後に「ああやんなっちゃった」を入れ、ハワイアンの名曲「タフアフアイ」のメロディーにのせた。「やんなっちゃった節」の誕生だ。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

関連文献編集

  • Young, Jordan R. (2005). Spike Jones Off the Record: The Man Who Murdered Music. (3rd edition) Albany: BearManor Media ISBN 1-59393-012-7.

外部リンク編集