バディ・リッチ[1]Buddy Rich1917年9月30日 - 1987年4月2日)は、アメリカ合衆国ジャズドラマーバンドリーダー

バディ・リッチ
Buddy Rich
Buddy Rich.jpg
ニューヨークアルカディア舞踏場にて 1947年5月
基本情報
出生名 Bernard Rich
別名 Traps
The Drum Wonder
生誕 (1917-09-30) 1917年9月30日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ブルックリン
死没 (1987-04-02) 1987年4月2日(69歳没)
ジャンル スウィング・ジャズビバップ
職業 ミュージシャン、バンドリーダー
担当楽器 ドラム
活動期間 1921年 - 1987年

細かく刻んだ音符を、速く正確に叩く超絶技巧を得意とし、長時間演奏してもグルーブ感が損なわれないのが特長である。アメリカではビッグバンド・ジャズの新境地を開いた人物、およびビバップの誕生に協力したジャズ・マンとして尊敬されている。

生涯編集

1917年9月30日、ニューヨーク州ブルックリンに生まれる。ヴォードヴィリアンヴォードヴィル芸人)であるユダヤ系アメリカ人を親にもつ。父親はリッチがスプーンで正確なリズムを刻んでいることに気付き、1歳よりドラムスティックを持たせ、1歳半でヴォードヴィルにて演奏し始めた。タップダンスの才能も開花するようになる。彼は譜面が読めず、ドラムの専門的な知識もなかったが、11歳でバンドリーダーとしても活動を始めた。

1937年、ジョー・マーサラ楽団に加入し、1940年代にかけてバニー・ベリガンアーティ・ショウトミー・ドーシー等のスウィング・ジャズ・バンドで活動した。1947年にはチャーリー・パーカーディジー・ガレスピーらによるアルバム『バード・アンド・ディズ英語版』の録音に参加[2]、同作品は、ビバップの誕生を告げたアルバムのひとつとなる。1950年代にはハリー・ジェイムス楽団、カウント・ベイシー楽団等のゲスト・スタードラマーとしても活動した。1959年心臓発作に見舞われ入院、医師よりドラムを止めるように言われたが、退院後まもなくドラムを再び演奏し始めた。

1966年に自楽団を結成し、以後、晩年までドラマー兼バンドリーダーとして活動。1970年代にはファンク色の強い音を打ち出し、ジャズ・ファンクやレア・グルーヴのファンからも人気を得た。

1987年4月2日、ロサンゼルスで死去した。

死後も多くのアーティストに影響を及ぼし続けている。1994年と1997年に発売されたトリビュート・アルバム2部作には、マックス・ローチビリー・コブハムオマー・ハキムスティーヴ・スミスビル・ブルーフォードニール・パートスティーヴ・ガッドサイモン・フィリップスデイヴ・ウェックルマット・ソーラム等人気ドラマーが集結した。

2008年10月、ニューヨークで行われたトリビュート・コンサートには、テリー・ボジオチャド・スミスピーター・アースキン、ニール・パートなどといった、ジャンルを超えた名ドラマーが集結した。

代表曲編集

  • "Big Swing Face"
  • "Nuttville"
  • "Time Check"
  • "Ya Gotta Try"
  • "The West Side Story Medley"
  • "Channel One Suite"

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • The Flip Phillips Buddy Rich Trio (1953年、Clef)
  • The Swinging Buddy Rich (1954年、Norgran)
  • 『シング・アンド・スウィング・ウィズ・バディ・リッチ』 - Sing and Swing with Buddy Rich (1955年、Norgran)
  • 『バディ&スウィーツ』 - Buddy and Sweets (1955年、Norgran)
  • 『ザ・レスター・ヤング=バディ・リッチ・トリオ』 - The Lester Young Buddy Rich Trio (1955年、Norgran) ※with レスター・ヤング
  • 『ザ・ウェイリング』 - The Wailing Buddy Rich (1955年、Norgran)
  • 『クルーパ・アンド・リッチ』 - Krupa and Rich (1955年、Clef) ※with ジーン・クルーパ
  • 『ザ・テイタム〜ハンプトン〜リッチ・トリオ』 - The Lionel Hampton Art Tatum Buddy Rich Trio (1955年、Clef) ※with ライオネル・ハンプトンアート・テイタム
  • 『バディ・リッチ・シングス・ジョニー・マーサー』 - Buddy Rich Sings Johnny Mercer (1956年、Verve)
  • 『ジス・ワンズ・フォー・ベイシー』 - This One's for Basie (1956年、Verve) ※1967年に『Big Band Shout』として再発[3]
  • 『ジャスト・シングズ』 - Buddy Rich Just Sings (1957年、Verve)
  • 『バディ・リッチ・イン・マイアミ』 - Buddy Rich in Miami (1958年、Verve)
  • 『リッチクラフト』 - Richcraft (1959年、Mercury)
  • 『リッチVSローチ〜2大ドラマーの対決』 - Rich Versus Roach (1959年、Mercury) ※with マックス・ローチ
  • 『ザ・ヴォイス・イズ・リッチ』 - The Voice is Rich (1959年、Mercury)
  • The Driver (1960年、EmArcy)
  • 『プレイタイム』 - Playtime (1961年、Argo)
  • 『ブルース・キャラヴァン』 - Blues Caravan (1961年、Verve)
  • 『バーニン・ビート』 - Burnin' Beat (1962年、Verve) ※with ジーン・クルーパ
  • Are You Ready for This? (1965年、Roost)
  • 『ニュー・ビッグ・サウンズ』 - Swingin' New Big Band (1966年、Pacific Jazz/Blue Note)
  • The Sounds of '66 (1966年、Reprise) ※with サミー・デイヴィスJr.
  • 『ビッグ・スイング・フェイス』 - Big Swing Face (1967年、Pacific Jazz)
  • 『栄光のバディ・リッチ』 - The New One! (1967年、Pacific Jazz) ※『Take It Away!』として再発(日本盤はこちらがベース)
  • Rich à la Rakha (1968年、World Pacific) ※with アラ・ラカ
  • 『マーシー・マーシー』 - Mercy, Mercy (1968年、Pacific Jazz)
  • 『ビッグ・バンドの炸裂! バディー・アンド・ソウル』 - Buddy & Soul: Recorded Live in Hollywood at the Whiskey A Go-Go (1969年、Pacific Jazz)
  • 『バディー・リッチ'70 カストマーのために』 - Keep the Customer Satisfied (1970年、Liberty)
  • 『ア・ディファレント・ドラマー』 - A Different Drummer (1971年、RCA)
  • 『リッチ・イン・ロンドン』 - Rich in London (1971年、RCA)
  • 『ドラム・カンヴァセーション』 - Conversations (1971年、EMI-Parlophone) ※with ルイ・ベルソン、ケニー・クレア
  • 『スティック・イット』 - Stick It (1972年、RCA)
  • 『ザ・ロアー・オブ '74』 - The Roar of '74 (1973年、Groove Merchant)
  • 『ヴェリー・ライヴ・アット・バディーズ・プレイス』 - Very Live at Buddy's Place (1974年、Groove Merchant)
  • 『トランジション』 - Transition (1974年、Groove Merchant) ※with ライオネル・ハンプトン
  • 『ザ・ラスト・ブルース・アルバム VOL.1』 - The Last Blues Album Volume 1 (1974年、Groove Merchant)
  • 『タフ・デュード』 - Tuff Dude! (1974年、Groove Merchant)
  • One Night Stand With Buddy Rich 1946 (1974年、Joyce)
  • 『ビッグ・バンド・マシーン』 - Big Band Machine (1975年、Groove Merchant)
  • 『スピーク・ノー・イヴル』 - Speak No Evil (1976年、RCA)
  • 『プレイズ・アンド・プレイズ・アンド・プレイズ』 - Buddy Rich Plays and Plays and Plays (1977年、RCA)
  • 『ジャイアント・ステップス』 - Lionel Hampton Presents Buddy Rich (1977年、Who's Who in Jazz) ※with ライオネル・ハンプトン
  • 『ダイレクト・バディ・リッチ〜バディ・リッチ・ナウ』 - Class of '78 (1977年、The Great American Gramophone Company)
  • 『トゥゲザー・アゲイン』 - Together Again: For the First Time (1978年、Gryphon/Century) ※with メル・トーメ
  • 『バディ・リッチ・サウンド'81』 - Buddy Rich Band (1981年、MCA)
  • Live at the 1982 Montreal Jazz Festival (1982年、Hudson Music) ※CD&DVD
  • 『ビッグ・コール』 - Big Cole (1982年、Liberty) ※with リッチー・コール
  • Rich and Famous (1983年、Amway)
  • Mr. Drums: Buddy Rich & His Band Live On King Street, San Francisco (1985年、Cafe)

死後のアルバム編集

  • 『イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード』 - Ease On Down The Road (1987年、Denon)
  • 『ワン・ナイト・スタンド』 - One Night Stand (1991年、Bandstand)
  • Europe '77 (1993年、Magic)
  • Buddy Rich & His Big Band At Stadthalle Leonberg, Germany 10 July 1986 (1996年、Jazz Band)
  • Wham! The Buddy Rich Big Band Live (2001年、Label M)
  • No Funny Hats (2004年、Lightyear)
  • Time Out (2007年、Lightyear)
  • Buddy Rich Up Close (2009年、Drum Channel)
  • The Solos (2014年、Lightyear Entertainment)
  • Birdland (2015年、Lightyear Entertainment)
  • 『ジャスト・イン・タイム・ザ・ファイナル・レコーディング』 - Just In Time: The Final Recording (2019年、Gearbox)

コンピレーション・アルバム編集

  • The Drum Battle (Gene Krupa and Buddy Rich at JATP) (1960年、Verve)
  • The Best of Buddy Rich (1964年、Pacific Jazz)
  • Super Rich (1969年、Verve)
  • The Best of Buddy Rich (1969年、World Pacific Jazz Records ST-20169)
  • 『バディー・リッチ・ビッグ・バンドのすべて』 - All About Buddy Rich Big Band (1970年、Liberty)
  • Time Being (1971年、Bluebird/RCA)
  • Buddy Rich Big Band (1972年、United Artists)
  • 『ジャズ・ドラムの精髄』 - Both Sides (1976年、Mercury)
  • Mr. Drums (1978年、Quintessence)[4][5]
  • 『コンパクト・ジャズ』 - Compact Jazz: Buddy Rich (1987年、Verve)
  • Compact Jazz: Gene Krupa & Buddy Rich (1990年、Verve)
  • No Jive (1992年、Novus)
  • Buddy Rich: The Legendary '47–'48 Orchestra Vol. 1 (1998年、Hep)
  • Buddy Rich: The Legendary '46–'48 Orchestra Vol. 2 (1998年、Hep)
  • Classic EmArcy, Verve, Small Group Buddy Rich Sessions (2005年、Mosaic)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ バディー・リッチ」の表記もある。
  2. ^ http://megascoop.com/rpm/pages/bird_and_diz/bird_and_diz.html
  3. ^ Bernard [Buddy Rich]”. Hep Jazz. 2003年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月26日閲覧。
  4. ^ Buddy Rich – Mr. Drums”. AllMusic. 2021年2月26日閲覧。
  5. ^ Buddy Rich – Mr. Drums”. Discogs. 2021年2月26日閲覧。

外部リンク編集