メインメニューを開く
1919年のビクトローラの広告

ビクタートーキングマシンVictor Talking Machine Company, 1901年 - 1929年)は、アメリカのレコード会社。1895年にエミール・ベルリナーが設立したベルリーナ・グラモフォン社を母体とする。

概要編集

ビクトローラ編集

1906年に木製キャビネットの中にターンテーブルとホーンを収めた蓄音機を開発した。外観から機械らしさを減らし家具らしくする、という見た目重視のデザインである。ビクトローラ (Victrola) と名付けて同年8月に発売したところ、すぐにヒット商品となった。15ドルの小さな卓上用モデルから600ドルの高級モデルまで、様々な大きさ・デザインのモデルを販売し、家庭用蓄音機の人気ブランドになった。



関連項目編集