メインメニューを開く

タマレ空港(Tamale Airport)はガーナ ノーザン州の州都タマレにある空港[1][2]。第二次世界大戦中に主要な基地としてタマレ中心部から約3kmのニョヘネ(Nyohene)に建設された。以下の施設が運用されていた。

  • Aerodrome control tower
  • Rescue and Fire Fighting Service (RFSS)
  • Air Traffic Control Offices
  • Standby generator Services
  • Public places of convenience.
タマレ空港
Tamale Airport
IATA: TML - ICAO: DGLE
概要
国・地域  ガーナ
所在地 タマレ
種類 官民共用
標高 169 m
座標 北緯09度33分25秒 西経000度51分47秒 / 北緯9.55694度 西経0.86306度 / 9.55694; -0.86306
滑走路
方向 長さ (m) 表面
05/23 2,438 アスファルト
出典: DAFIF[1][2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

2008年12月に国際空港として使用できるように更新された。それ以前にもアフリカネイションズカップ2008(2008年1月、2月)が開催された際に南アフリカ共和国チュニジアアンゴラからの国際便が来ている。

就航路線編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b DGLEの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) 出典:DAFIF.
  2. ^ a b TMLの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF.

外部リンク編集