タラル・アサドアラビア語: طلال أسد‎、Talal Asad1933年 - )は、サウジアラビア生まれの文化人類学者。ニューヨーク市立大学教授。ポストコロニアリズムキリスト教イスラーム教の比較研究、世俗主義が研究テーマ。オックスフォード大学で博士号取得。

著作編集

  • The Kababish Arabs: power, authority and consent in a nomadic tribe, C. Hurst, 1970.
  • Genealogies of religion: discipline and reasons of power in Christianity and Islam, Johns Hopkins University Press, 1993.
    • 『宗教の系譜―キリスト教とイスラムにおける権力の根拠と訓練』、中村圭志訳、岩波書店、2004年
  • Formations of the secular: Christianity, Islam, modernity, Stanford University Press, 2003.
    • 『世俗の形成―キリスト教、イスラム、近代』、中村圭志訳、みすず書房、2006年
  • On suicide bombing, Columbia University Press, 2007.
    • 『自爆テロ』、茢田真司訳、青土社、2008年

共著・編著編集

  • Anthropology & the colonial encounter, edited by Talal Asad, Humanities Press, 1973.
  • The Middle East, edited by Talal Asad and Roger Owen, Monthly Review Press, 1983.
  • 『宗教を語りなおす―近代的カテゴリーの再考』、みすず書房、2006年
  • Is critique secular?: blasphemy, injury, and free speech, Talal Asad. et al., University of California Press, 2009.