メインメニューを開く

ニューラインNEWLINE)はダイハツ工業が生産していた小型貨物車である。

軽貨物車については、ダイハツ・ハイゼットおよびダイハツ・ミラバンを参照。

目次

概要編集

1963年1月にハイゼットの小型登録車版として発売された。元となったハイゼットに対し、荷台長とホイールベースを大幅に延長しているのが特徴であった。

歴史編集

初代(1962年-1966年 L50型系)編集

ダイハツ・ニューライン(初代)
販売期間 1962年11月 – 1966年1月
乗車定員 2人(トラック)
2/4人(バン)
ボディタイプ ピックアップトラック
2ドアボンネットバン
エンジン FC型 直4 797cc 41ps
駆動方式 FR
変速機 3MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:リジッドアクスル+リーフスプリング
全長 3,500mm
全幅 1,300mm
後継 トラック:
ニューラインキャブ/
コンパーノトラック
バン:
コンパーノバンに統合
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
1962年11月
発売開始。型式はトラックが「L50P」、バンが「L50V」。本来はコンパーノ用に開発された水冷4サイクル4気筒・800cc・41馬力のOHVエンジン(FC型)を当車に先行搭載している。最大積載量は500kg。最高速度は95km/h(トラック)。
1963年11月
マイナーチェンジ。フロント周辺のデザインを大幅にフェイスリフト。コンパーノ(前期型)にやや酷似したフロントフェイスとなる。
1966年1月
販売終了。

2代目(1966年-1968年 S50P型系)編集

ダイハツ・ニューラインキャブ(2代目)
販売期間 1966年2月 – 1968年3月
乗車定員 2人
ボディタイプ キャブオーバートラック
エンジン FC型 直4 797cc 41ps
駆動方式 FR
変速機 4MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:リジッドアクスル+リーフスプリング
全長 3,500mm
全幅 1,300mm
先代 ニューライントラック
後継 デルタ750
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
1966年2月
フルモデルチェンジ。キャブオーバータイプに変更。名称はニューラインキャブとなり、ボディタイプはトラックのみとなる。
先代同様、水冷4サイクル・4気筒・800cc・41馬力のOHVエンジン(FC型)を搭載し、最大積載量は500kgと据え置かれている。
ちなみに、3方開きと一方開きで荷台高さが異なる。3方開きは平床で、一方開きは低床を採用しリアタイヤ部分が一段高い形状だった。
1968年3月
3代目ハイゼット(S37型系)の登場に伴い販売終了。

関連項目編集