メインメニューを開く

ダバイーの戦い英語:Battle of Dabhi/Dabhoi)は、1731年4月1日インドダバイーにおいて、マラーター王国の宰相バージー・ラーオと叛将である軍総司令官トリンバク・ラーオ・ダーバーデーとの間で行われた戦い。ダボイーの戦いとも呼ばれる。

ダバイーの戦い
1731年4月1日
場所インドダバイー
結果 バージー・ラーオの勝利
衝突した勢力
Flag of the Maratha Empire.svgマラーター王国 Flag of the Maratha Empire.svgマラーター王国
指揮官
Flag of the Maratha Empire.svg バージー・ラーオ
Flag of the Maratha Empire.svgピラージー・ラーオ・ガーイクワード
Flag of the Maratha Empire.svgトリンバク・ラーオ・ダーバーデー  
戦力
不明 不明
被害者数
不明 不明

戦闘に至る経緯編集

1729年マラーター王国の軍総司令官カンデー・ラーオ・ダーバーデーが死亡し、1730年にその息子トリンバク・ラーオ・ダーバーデーが父の地位を継いだ[1]

ところが、トリンバク・ラーオは次第に王国宰相バージー・ラーオに反目するようになり、ついにはグジャラートを自己の勢力範囲と見なして、ニザーム王国の援助を得て公然と反抗するようになった[2][3]

そのため、1731年3月、宰相バージー・ラーオはグジャラートで活動していたピラージー・ラーオ・ガーイクワードと合流し、トリンバク・ラーオの討伐へと向かった[3]

戦闘とその後の経過編集

同年4月1日、バージー・ラーオとトリンバク・ラーオの軍勢はダバイーで激突した。この戦いはバージー・ラーオの勝利に終わり、敗れたトリンバク・ラーオは敗死した[3]

この戦いの勝利により、バージー・ラーオに敵対する勢力はほぼ一掃された[2][3]。また、ピラージー・ラーオ・ガーイクワードはグジャラートを勢力範囲とし、ヴァドーダラーを中心にこの地域に勢力を張ることとなった。

脚注編集

参考文献編集

  • 小谷汪之編『世界歴史大系 南アジア史2 ―中世・近世―』山川出版社、2007年

関連項目編集