ピラージー・ラーオ・ガーイクワード

ピラージー・ラーオ・ガーイクワード(Pilaji Rao Gaekwad, 生年不詳 - 1732年5月14日)は、西インドグジャラート地方ガーイクワード家の当主(在位:1731年 - 1732年)。

ピラージー・ラーオ・ガーイクワード
Pilaji Rao Gaekwad
ガーイクワード家当主
在位 1731年 - 1732年
別号 サルダール
マハーラージャ

出生 不詳
死去 1732年5月14日
ダコール
子女 ダマージー・ラーオ・ガーイクワード
家名 ガーイクワード家
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

ガーイクワード家の当主ピラージー・ラーオ・ガーイクワードは、もともとマラーター王国の武将の一人であった[1]

1720年代、マラーター王国宰相バージー・ラーオの命により、ピラージー・ラーオはチャウタとサルデーシュムキーを徴収するためグジャラート地方への遠征を行った[2]。1726年にはソーンガドに拠点を築いた[3]

1730年、マラーター王国の軍総司令官トリンバク・ラーオ・ダーバーデーがグジャラートを自己の版図と見なし、ニザーム王国の援助のもと反乱を起こした[4]。そのため、バージー・ラーオは反乱鎮圧に向かい、ピラージー・ラーオもこれに協力した。

1731年4月、ピラージー・ラーオは宰相バージー・ラーオとともにトリンバク・ラーオをダバイーで打ち破った(ダバイーの戦い[5]。これにより、グジャラートの支配を認められたマラーター諸侯(サルダール)としてのガーイクワード家が誕生した[6]

1732年5月14日、ピラージー・ラーオはムガル帝国の武将アバイ・シングとの戦いで死亡してしまった[7]

出典・脚注編集

  1. ^ Baroda 3
  2. ^ Baroda 3
  3. ^ Baroda 3
  4. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p215
  5. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p215
  6. ^ Baroda 3
  7. ^ Baroda 3

関連項目編集