ダリア・ニコロディ

ダリア・ニコロディ(Daria Nicolodi, 1950年6月19日 - 2020年11月26日[1])は、イタリアフィレンツェ出身の女優脚本家。映画監督ダリオ・アルジェントとは公私にわたるパートナー関係を続け、間に女優のアーシア・アルジェントをもうけた。

ダリア・ニコロディ
Daria Nicolodi
Daria Nicolodi
生年月日 (1950-06-19) 1950年6月19日
没年月日 (2020-11-26) 2020年11月26日(70歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリア フィレンツェ
職業 女優脚本家
ジャンル 映画テレビ映画テレビドラマ
配偶者 ダリオ・アルジェント
著名な家族 アーシア・アルジェント(娘)
テンプレートを表示

来歴編集

ダリオはもともと推理映画を得意とする監督であり、ダリアとの初の監督・主演コンビ作『サスペリアPART2』もこの分野に属するが、オカルトに造詣の深かった彼女は彼の次回作として『サスペリア[2]を企画した。出演はカメオのみだが脚本もダリオと共同執筆。世界的大ヒットに結びつけ、その後もダリオがホラーの帝王と呼ばれるまでに多大な貢献をした。日本にもファンは多く、作家綾辻行人は『暗黒館の殺人』で、ダリア、ニコロディという別々の人物を登場させてオマージュを捧げている。『サスペリアPART2』のように快活なヒロインから無口で不気味な脇役まで役柄の幅は広い。

2020年11月26日、死去。娘のアーシアが自身のインスタグラムでその訃報を公表した[1]

主な出演作品編集

脚注編集

  1. ^ a b ダリア・ニコロディが死去。イタリアのホラー映画女優で脚本家”. ウーマンエキサイト. 2020年11月27日閲覧。
  2. ^ サスペリアPART2の方の邦題は公開が後になった日本でのみ付けられたものであり、こちらは内容もまったく関係がない純オカルト映画である

外部リンク編集