ダンカン2世 (スコットランド王)

ダンカン2世Duncun II, 1060年? - 1094年11月12日)は、スコットランド(在位:1094年5月 - 1094年11月)。マルカム3世とフィン・アルネッソンの娘でオークニー伯シーガードの長男の未亡人イーンガボーグの子。エドワード、エドマンドエドガーエゼルレッド英語版アレグザンダー1世イーディス(マティルダ)、メアリー英語版デイヴィッド1世の異母兄。

ダンカン2世
Duncun II
スコットランド王
Duncan II of Scotland (Holyrood).jpg
ダンカン2世(17世紀画、ホリールード宮殿蔵)
在位 1094年5月 - 1094年11月

出生 1060年?
死去 1094年11月12日
スコットランド王国の旗 スコットランド王国、モンダインズ
埋葬 スコットランド王国の旗 スコットランド王国、ダンファームリン・アビー
配偶者 エセルリーダ・オブ・ノーサンブリア
子女 ウィリアム
家名 アサル家
王朝 アサル朝
父親 マルカム3世
母親 イーンガボーグ
テンプレートを表示
ダンカン2世

生涯編集

1072年イングランドウィリアム1世がスコットランドに侵攻し、父が敗れた時に人質としてロンドンに送られ、成人してもイングランドに留められた[1][2]

1093年、父と異母弟エドワードがイングランド侵攻で反撃に遭い戦死、叔父のドナルド3世が王位簒奪すると、翌1094年5月にウィリアム1世の息子ウィリアム2世の援助を受け、ドナルド3世より王位を奪還するための軍を起こした。ダンカンはドナルド3世の軍を破り、王位についた[1][3]

しかし、ダンカン2世のイングランド臣従の姿勢に重臣たちの反発は大きく、即位半年後の11月、ドナルド3世にメアンズ地方のモンダインズで暗殺され、遺体はダンファームリン・アビーに埋葬された。スコットランドは復位したドナルド3世とダンカン2世の異母弟エドマンドの共同統治になったが、1097年にダンカン2世の別の異母弟エドガーがイングランドの支援で挙兵、ドナルド3世とエドマンドを破り王位を奪った[1][4]

子女編集

1090年、ノーサンブリア伯ゴスパトリックの娘エセルリーダと結婚した。

  • ウィリアム・フィッツダンカン(1090/4年 - 1147年) - マリ伯

脚注編集

  1. ^ a b c 松村、P211。
  2. ^ 森、P46、トランター、P56。
  3. ^ 森、P47 - P51、トランター、P56 - P59。
  4. ^ 森、P51 - P52、トランター、P59 - P60。

参考文献編集