メインメニューを開く

ダンシング・チャップリン』は、2011年公開の日本映画。監督・構成は周防正行草刈民代バレエ人生36年の集大成として、フランスの巨匠振付家ローラン・プティチャールズ・チャップリンを題材としたバレエ作品を映画として撮影・編集した作品。

ダンシング・チャップリン
Dancing Chaplin
監督 周防正行
出演者 ルイジ・ボニーノ
草刈民代
音楽 チャールズ・チャップリン
フィオレンツィオ・カルピ
J.S.バッハ
周防義和
製作会社 フジテレビジョン東宝
アルタミラピクチャーズ
電通スオズ
公開 日本の旗 2011年4月16日
上映時間 136分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語フランス語
テンプレートを表示

2009年にバレリーナを引退した草刈が、36年のバレエ人生の集大成ともいえる本作でのバレエを「私のラストダンス」と宣言している[1]

目次

内容編集

第1幕編集

アプローチ」:本作の映画化にむけて周防監督がイタリア・スイス・日本を巡り、振付家プティとの打ち合わせや、草刈民代をはじめとする世界中から集まったダンサーたちの練習風景などの舞台裏60日間を追った記録。

第2幕編集

バレエ」:全2幕20場からなる舞台作品「ダンシング・チャップリン」を1幕13場に絞り、映画のために再構成・演出・撮影した作品。

キャスト編集

スタッフ編集

註釈編集

外部リンク編集