ダークスローン

ダークスローン (Darkthrone) は、ノルウェーブラックメタルバンド。バンド名はCeltic Frostの曲Jewel Throneに由来するといわれている。ファーストアルバムの時点ではデスメタルをプレイしていたが、セカンド以降現在に至るまで、ブラックメタルにカテゴライズされる作品をコンスタントにリリースし続けている。意図的な録音の質の低さと、反復の多いプリミティヴな楽曲が特徴で、その音楽性を評してプリミティヴ・ブラックメタルと呼ばれることもある。

ダークスローン
Darkthrone
出身地  ノルウェー
アーケシュフース県
コルボン英語版
ジャンル クラストコア (後期)
ブラックメタル
デスメタル (初期)
活動期間 1987年 -
レーベル ピースヴィル・レコード
公式サイト www.darkthrone.no
メンバー Nocturno Culto (ボーカルギターベース)
Fenriz (ドラム)
旧メンバー Zephyrous (リズムギター)
Dag Nilsen (ベース)

目次

メンバー編集

  • Nocturno Culto - ボーカル、ギター、ベース (本名Ted Skjellum)
1988年にギタリストとして加入。『Soulside Journey』 よりボーカルを兼任するようになる。Dag Nilsenの脱退後は、ベースも担当。また、Satyriconの『Nemesis Divina』にサポート・ギタリストとして参加している。学校の先生である。
  • Fenriz - ドラム (本名Gylve Fenris Nagell)
結成当初からのメンバーで、当時はValhallというバンドでもドラムをプレイしていた。活動初期にはボーカルも担当している。1990年代前半には、Storm(ドラム・ボーカル)、Dodheimsgard(ベース・ボーカル)への参加、またサイドプロジェクトとしてNeptune TowersIsengardをやっていた。DJ Ebolaの名前でオスロのDJイベントもやっている。『Total Death』を除けば、基本的に彼が歌詞を書いている。なお、ファーストアルバムのクレジットHank Amarilloは偽名。郵便局で働いている。
2016年知人からの依頼でノルウェイの首都オスロの南15キロほどにある町コルボンの町議会議員選挙へ数合わせとして出馬。 当選はしたいと思っておらず「俺に投票するな」とのスローガンで愛猫を抱くポスターを掲出したところ意外にも当選した[1]

旧メンバー編集

  • Zephyrous - リズムギター (1987-1995)
本名Ivar Enger。結成当初からのギタリスト。『Panzerfaust』以降はダークスローンへの関わりはない。
  • Dag Nilsen - ベース (1987-1991)
結成当初のベーシスト。『A Blaze in the Northern Sky』のベーストラックを録音後、脱退する。
  • Anders Risberget - セッション・ギター (1987-1988)

歴史編集

1986年にノルウェー・コルボンにて、Leif NagellとAnders Risbergetの二人で結成、当初はBlack Deathと名乗っていた。1987年に名前をDarkthroneに改めデモ『Land of Frost』を録音、1988年にはTed Skjellumがギタリストとして加入する。その後デモ3枚を録音し、ピースヴィル・レコードとアルバム4枚のリリースを契約する。初のフルアルバムとなる『Soulside Journey』では、どちらかというとテクニカルなデスメタルをやっていたが、1991年頃にメイヘムユーロニモスと出会ったことにより、インナーサークルに加入、続いて録音された『Goatlord』もブラックメタルに近いものになる。このアルバムはお蔵入りになってしまったが(後に再発)、1992年にリリースされた『A Blaze in the Northern Sky』は初期バソリーに強く影響を受けた、速くプリミティヴで単調な、その後のダークスローンの方向を決定付けるものだった。またこの頃よりメンバーは名前を今のもの(Nocturno Culto、Fenriz、Zephyrous)に変え、コープスペイントを始める。

1992年にイギリスツアーをキャンセルして以来、彼らはライブを行うのをやめ、またインタビュー等でメディアに露出するのも避けるようになる。また1994年のアルバム『Transilvanian Hunger』のライナーノーツで、ユダヤ人を攻撃しているように見える表現があったため、物議を醸したが、次のアルバム『Panzerfaust』でFenrizが、ダークスローンがポリティカルなバンドである事を否定している。現在でもライブはまずやらないが、インタビューは頻繁に応えている。

続く2作『Under a Funeral Moon』、『Transilvanian Hunger』は前作の方向性をさらに発展させたもので、評価の高いこれらの作品は「三部作」と呼ばれることもある。ピースヴィル・レコードとの契約を満了したダークスローンは、サテリコンサティアーのレーベルMoonfog Productionsに移籍し、計7枚のフルアルバムをリリースする。三部作以降の音楽性は、元からあったHellhammer/初期Celtic Frostの影響がますます強いものになり、ギターリフも以前ほどシンプルなものではなくなる。なお、『Under a Funeral Moon』から『Panzerfaust』までの三作はFenriz所有のスタジオNecrohell Studiosで録音が行われていたが、それ以降は使われていない。

2005年には古巣であるピースヴィル・レコード傘下に自分たちのプロダクションTyrant Syndicate Productionsをつくり、今後はここからアルバムのリリースを続けていく予定。2006年に出たEP『Too Cold Too Old』はノルウェーのシングルチャートで11位を獲得している。

2006年以降、彼らの楽曲はクラストコアの影響を強く受けたものへとシフトしてきている。

2013年にリリースされたThe Underground Resistanceではこれまでの路線にパワーメタル風の要素を加えた独特の音楽性を披露した。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • 1991 Soulside Journey
  • 1992 A Blaze in the Northern Sky
  • 1993 Under a Funeral Moon
  • 1994 Transilvanian Hunger
  • 1995 Panzerfaust
  • 1996 Total Death
  • 1996 Goatlord (未発表音源のCD化作品)
  • 1999 Ravishing Grimness
  • 2000 Preparing for War (ベストアルバム、2004年にDVD付きで再発)
  • 2001 Plaguewielder
  • 2003 Hate Them
  • 2004 Sardonic Wrath
  • 2006 The Cult is Alive
  • 2007 F.O.A.D.
  • 2008 Dark Thrones and Black Flags
  • 2010 Circle the Wagons
  • 2013The Underground Resistance
  • 2016 Arctic Thunder

その他編集

  • 1987 Land of Frost (デモ)
  • 1988 A New Dimension (デモ)
  • 1989 Thulcandra (デモ)
  • 1990 Cromlech (デモ)
  • 2005 Under Beskyt'telse Av Morke Boxed set,

  PETER BESTE写真展"NORWEGIAN BLACK METAL"にて限定販売。 CD(リハーサル音源3曲)、Tシャツ、キューブリック(MEDICOM TOY社製)、缶バッチ、ポストカード(2枚)。

  • 2006 Too Old Too Cold EP
  • 2006 Forebyggende Krig 7"
  • 2008 Frostland Tapes (CD3枚組コンピレーション、初期デモ4作品+‘Goatlord’のインストバージョン)

トリビュート編集

  • 1998 Darkthrone, Holy Darkthrone

脚注編集

外部リンク編集