ダーク・ブラッド

ダーク・ブラッド』(原題: Dark Blood)は、2012年制作のアメリカ合衆国オランダの映画リヴァー・フェニックスの幻の遺作である。

ダーク・ブラッド
Dark Blood
監督 ジョルジュ・シュルイツァー
脚本 ジム・バートン
出演者 リヴァー・フェニックス
ジュディ・デイヴィス
ジョナサン・プライス
音楽 フロレンシア・ディ・コンシリオ
ジェームズ・マイケル・テイラー
撮影 エドワード・ラックマン
編集 マーティン・ウォルシュ
マイケル・レイヒワイン
配給 日本の旗 マジックアワー
公開 日本の旗 2014年4月26日[1]
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オランダの旗 オランダ
言語 英語
テンプレートを表示

制作の経緯編集

1993年にリヴァー・フェニックス主演、ジョルジュ・シュルイツァー監督で制作が進められていたが、1993年10月31日にリヴァーが急死したため、撮影途中だった本作は主役不在での完成は不可能とされ、長い間お蔵入りとなっていた。

だが、シュルイツァーが2007年末に大病を患い、余命わずかと宣告された。彼はキャリア最後の作品として本作の完成を決意し、2009年に制作を再開。監督自らが大事に保管していたフィルムの権利問題や未撮影シーンの再現など様々な壁を乗り越えて[2]、2012年に完成[3][4][5]。ちょうどリヴァーの没後20周年を迎えた2013年に公開にこぎ付けた。

あらすじ編集

旅の途中で車が故障し、砂漠の中で立ち往生することになった俳優夫妻のハリーとバフィー。彼らはとある青年=ボーイの助けを得て、車が修理するまでそこで過ごすこととなる。

しかしボーイは次第にバフィーに執着するようになり、三人の関係は徐々に緊迫していく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

関連項目編集

同じように、主演俳優の急死で一時完成が危ぶまれた映画作品

脚注編集

外部リンク編集