メインメニューを開く

1993年の映画

ウィキメディアの一覧記事

出来事編集

  • 2月28日 - 映画『ゴジラ』など多数の東宝特撮映画を手がけた本多猪四郎監督が呼吸不全の為死去。
  • 4月17日 - 黒澤明監督の監督生活50周年・30作記念作品で本多猪四郎監督の最後の仕事となった『まあだだよ』が公開。
  • 4月24日 - 神奈川県海老名市ワーナー・マイカル第一号のワーナー・マイカル・シネマズ海老名がオープン。
  • 6月 - 横浜市にてフランス映画祭がスタート。
  • 7月1日
    • 株式会社にっかつが会社更生法の適用を申請。
    • 東京で建築安全条例と火災予防条例の改正が施行実施される[1]1956年(昭和31年)以降、初めての抜本的な改正であり、映画館に対する公的規制の緩和という内容であったため、映画館の新規オープンにプラスの作用をした[1]

周年編集

日本の映画興行編集

配給会社別年間配給収入
配給会社 本数 年間配給収入 前年対比 概要
松竹 16 066億5802万円 094.2% 1993年度邦画配給収入2位になった角川映画REX 恐竜物語』(22億円)は松竹配給番組の新記録を樹立。高稼動のため10週間興行を14週間興行に変更する予定だったが、角川春樹製作者兼監督のコカイン事件のため当初の10週間興行で打ち切られた。『男はつらいよ 寅次郎の青春』/『釣りバカ日誌5』(14.5億円)は安定のハイアベレージ、『学校』(7億円)は各賞受賞で凱旋興行も予定されている。『結婚』(5.8億円)、『僕らはみんな生きている』(4億円)は健闘。
東宝 18 108億0360万円 84.1% 9年連続の年間配給収入100億円突破。『ゴジラvsモスラ』(22.2億円)、『水の旅人 侍KIDS』(20.3億円)、『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』(16.5億円)、『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』(12.5億円)、『高校教師』(11億円)が配給収入10億円を突破した。邦画で10億円突破した9番組中、5番組が東宝。ヒットメーカーの伊丹十三監督『大病人』(6.5億円)は伸び悩み、黒澤明監督の『まあだだよ』は低調。
東映 23 063億8512万円 096.9% ドラゴンボールZ』シリーズを中心に据えた『'93春東映アニメフェア』(13.7億円)、『'93夏東映アニメフェア』(13.1億円)のアニメ2番組が配給収入10億円を突破した。『病は気から 病院へ行こう2』(7.3億円)は健闘。動員映画の『わが愛の譜 滝廉太郎物語』は6.5億円。ヤクザ映画極東黒社会』・『民暴の帝王』・『修羅場の人間学』とアクション映画『眠らない街 新宿鮫』は失敗。東映はヤクザ映画の製作を根本から見直すことになった。
出典:「1993年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社、1994年、 154 - 156頁。

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1993年邦画配給収入トップ10
順位 題名 配給 配給収入 備考
1 ゴジラvsモスラ 東宝 22.2億円
2 REX 恐竜物語 松竹 22.0億円
3 水の旅人 侍KIDS 東宝 20.3億円 [注 1]
4 ドラえもん のび太とブリキの迷宮
ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!
東宝 16.5億円
5 男はつらいよ 寅次郎の青春
釣りバカ日誌5
松竹 14.5億円
6 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ
東映 13.7億円
7 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて
幽☆遊☆白書
東映 13.1億円
8 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王 東宝 12.5億円
9 高校教師 東宝 11.0億円
10 病は気から 病院へ行こう2
七人のおたく
東映 07.3億円
#10の出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、524頁。ISBN 978-4873767550
上記以外の出典:1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
1993年洋画配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入 備考
1 ジュラシック・パーク   UIP 83.0億円
2 ボディガード   ワーナー・ブラザース 41.0億円 [注 2]
3 アラジン   ブエナ・ビスタ 25.0億円
3 ホーム・アローン2   20世紀FOX 25.0億円
5 逃亡者   ワーナー・ブラザース 22.5億円
6 幸福の条件   UIP 13.6億円
7 ラスト・アクション・ヒーロー   トライスター映画 12.0億円
8 ザ・ファーム 法律事務所   パラマウント映画/UIP 11.0億円 [注 3]
8 永遠に美しく…   ユニバーサル映画 11.0億円
10 硝子の塔   UIP 09.5億円
#8、#10の出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、524頁。ISBN 978-4873767550
上記以外の出典:1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング編集

1993年全世界興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1 ジュラシック・パーク ユニバーサル・スタジオ $1,029,153,882
2 ミセス・ダウト 20世紀フォックス $441,286,195
3 逃亡者 ワーナー・ブラザース $368,875,760
4 シンドラーのリスト ユニバーサル・スタジオ $321,306,305
5 ザ・ファーム 法律事務所 パラマウント映画 $270,248,367
6 幸福の条件 パラマウント映画 $266,614,059
7 クリフハンガー トライスター・ピクチャーズ $255,000,211
8 めぐり逢えたら トライスター・ピクチャーズ $227,799,884
9 フィラデルフィア トライスター・ピクチャーズ $206,678,440
10 ペリカン文書 ワーナー・ブラザース $195,268,056
出典:1993 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月17日閲覧。

北米興行収入ランキング編集

1993年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. ジュラシック・パーク ユニバーサル $357,067,947
2. ミセス・ダウト 20世紀FOX $219,195,243
3. 逃亡者 ワーナー・ブラザース $183,875,760
4. ザ・ファーム 法律事務所 パラマウント $158,348,367
5. めぐり逢えたら トライスター $126,680,884
6. 幸福の条件 パラマウント $106,614,059
7. ザ・シークレット・サービス コロムビア $102,314,823
8. ペリカン文書 ワーナー・ブラザース $100,768,056
9. シンドラーのリスト ユニバーサル $96,065,768
10. クリフハンガー トライスター $84,049,211
出典: 1993 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月25日閲覧。

フランス観客動員数ランキング編集

  1. おかしなおかしな訪問者 
  2. アラジン 
  3. ジュラシック・パーク 
  4. ジェルミナル   
  5. 逃亡者 
  6. ドラキュラ   
  7. クリフハンガー 
  8. ピアノ・レッスン   
  9. パーフェクト・ワールド 
  10. ジャングル・ブック 
出典:FRANCE 1993 - BOX OFFICE STORY”. boxofficestory. 2016年1月23日閲覧。

日本公開映画編集

受賞編集

誕生編集

2月編集

5月編集

8月編集

9月編集

12月編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 2日 田中浩   59 俳優
13日 ケン・アンダーソン   83 美術監督・脚本家
20日 オードリー・ヘプバーン   63 女優
27日 峰吟子   83 女優
30日 服部良一   85 作曲家
2月 2日 フランソワ・レシャンバック   70 映画監督
5日 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ   83 映画監督
25日 エディ・コンスタンティーヌ   75 歌手・俳優
27日 リリアン・ギッシュ   99 女優
28日 本多猪四郎   81 映画監督
3月 16日 笠智衆   88 俳優
17日 ヘレン・ヘイズ   92 女優
18日 加藤正之   61 俳優・声優
25日 戸浦六宏   62 俳優
31日 ブランドン・リー   32 俳優
4月 20日 カンティンフラス   81 俳優・コメディアン
5月 14日 田代喜久雄   76 テレビ朝日代表取締役相談役
31日 ドン・B・テータム   80 ウォルト・ディズニー・カンパニー名誉理事
6月 7日 川喜多和子   53 フランス映画社副社長
9日 アレクシス・スミス   72 女優
11日 レイ・シャーキー   40 俳優
7月 2日 フレッド・グウィン   66 俳優
4日 ロマン・カチャーノフ   72 アニメーション監督
18日 安部徹   76 俳優
8月 10日 アイリーン・シャラフ   83 衣装デザイナー
30日 リチャード・ジョーダン   55 俳優
9月 10日 ハナ肇   63 コメディアン
12日 レイモンド・バー   76 俳優
19日 潮健児   68 俳優
21日 フェルナン・ルドゥー   96 俳優
10月 7日 シリル・キューザック   82 俳優
25日 ヴィンセント・プライス   82 俳優
29日 マキノ雅弘   85 映画監督
山内明   72 俳優
31日 フェデリコ・フェリーニ   73 映画監督
リヴァー・フェニックス   23 俳優
11月 5日 マリオ・チェッキ・ゴーリ   77 プロデューサー
19日 田武謙三   79 俳優
12月 1日 益田喜頓   84 俳優
5日 アレクサンドル・トローネル   87 美術監督
6日 ドン・アメチー   85 俳優
14日 マーナ・ロイ   88 女優
18日 サム・ワナメイカー   74 映画監督・俳優
19日 植草圭之助   83 脚本家・小説家
25日 逸見政孝   48 元・フジテレビアナウンサー

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史』では配給収入は20億0300万円となっている[7]。しかし、キネマ旬報1994年2月下旬号も日本映画製作者連盟と同じ20.3億円となっている[8]
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史』では配給収入は41.1億円となっている[7]
  3. ^ 日本映画製作者連盟の発表には含まれていない[9]

出典編集

  1. ^ a b c 「1993年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社、1994年、 156頁。
  2. ^ 斉藤 2009, pp. 117 - 118.
  3. ^ 第45作 男はつらいよ 寅次郎の青春”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年8月6日閲覧。
  4. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  6. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、524頁。ISBN 978-4873767550
  8. ^ 「1993年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社、1994年、 156頁。
  9. ^ 1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

参考文献編集