メインメニューを開く
2010年ICU世界チアリーディング選手権大会でのコスタリカチーム

チアリーディング: cheerleading[1])は、チアリーダーが行うスポーツ競技。

応援・応援指揮をするチームのチアリーダー達が行うアクション・応援形態であるチアリーディングから生れた。 近年はコンクールも盛んに行われている。各種大会における競技では、アクロバティックに組み体操をする競技が含まれるものをチアリーディングと呼び、チアダンスソングリーディングと区別される。

目次

世界のチアリーディング編集

いくつかの国際競技団体が存在する。最大勢力は国際オリンピック委員会承認国際競技団体である国際チア連合(インターナショナルチアユニオン、ICU)。日本での最大勢力である日本チアリーディング協会の国際競技団体は世界ダンススポーツ連盟(WDSF)に加盟している国際チアリーディング連盟(IFC)。他にアメリカに本部を置くチアリーディング団体United Spirit Association(USA)がある。2015年4月、ICUとWDSFが加盟するスポーツアコード(のちのGAISF)の理事会はチアリーディングの国際競技団体はICUでWDSF系ではないとの決定をしている[2]

日本のチアリーディング編集

日本では学校のクラブ活動、地域や営利団体のクラブチームで盛んに行われており、複数の協会で地域別の大会や全国大会が開催されている。大会を開催する国内競技団体は、日本での最大勢力である公益社団法人日本チアリーディング協会(FJCA、JCA)、一般社団法人Cheer & Dance Education(USAジャパン)、世界での最大勢力ICUの系列である一般社団法人日本スポーツチア&ダンス連盟(チアジャパン)があり、それぞれ独自の大会ルールを規定しており、各種の国際大会への参加もそれぞれ独自に行っている。

日本チアリーディング協会編集

1987年設立。国際チアリーディング連盟に加盟。日本オリンピック委員会に準加盟。日本スポーツ協会に加盟。(2019年2月現在)

JAPAN CUP日本選手権やJOCジュニアオリンピックカップ大会などを開催している。

Cheer & Dance Education編集

1988年設立。United Spirit Associationの日本支部United Spirit Association Japan (略称:USAジャパン、USA-Japan)という団体名で、チアリーディング、ソングリーディング、ダンス、ヒップホップなどを推進。 2018年11月、一般社団法人Cheer & Dance Educationを設立。USAジャパンはこの団体の下で活動を続ける。 この団体の大会は、国内のチアリーディング・ダンス等の部門があり地方予選を行い、予選通過をしたチームが日本大会に駒を進める。この大会で基準点を超えたチームはアメリカのディズニーワールドで開催される世界選手権大会に推薦される。

日本スポーツチア&ダンス連盟編集

2010年、一般社団法人日本チアダンス協会とUSAジャパンの協力のもと設立[3]。国際チア連合の日本の国内競技団体日本チアダンス協会と本部は同じ住所である。
通称チアジャパン

チアリーディングの用語編集

スタンツ編集

人が人の上に乗ったり空中に飛んだりする組体操のようなアクロバティックな技。 1人または複数のベースが、競技フロアより高い位置にトップを支える。

タンブリング編集

競技フロアから始まり、競技フロアで終了する体操技でバク宙などのアクロバット技。

ラインダンス編集

一直線に並んで肩を組み、脚を伸ばして上下に振る。チアリーディングの大会では禁止されている。


co-ed(コエド)編集

男女混合のチアリーディングチーム

事故編集

アクロバティックな技による事故も発生しており、危険防止の観点での適切な指導と監督が必要とされる。[4]

チアリーディングにおける危険性

Dangers of cheerleading(en)

チアリーディングを題材にした作品編集

雑誌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカ英語発音:[ˈtʃɪrli(ː)dɪŋ] アリディング
  2. ^ SPORT ACCORD Information of Decision”. チアジャパン (2015年4月20日). 2019年3月22日閲覧。
  3. ^ 日本スポーツチア&ダンス連盟 (2009年9月吉日). “第1回 日本スポーツチア&ダンス連盟 ダンスワークショップ参加のご案内”. 日本チアダンス協会. 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ Another Cheerleader DiesABC NEWS

関連項目編集

外部リンク編集