国際競技連盟連合

GAISFから転送)

国際競技連盟連合[1][2](こくさいきょうぎれんめいれんごう、英:General Association of International Sports Federations、GAISF、仏:Association Générale des Fédérations Internationales de Sports、AGFIS)は、国際オリンピック委員会 (IOC) 承認団体である。旧名スポーツアコード (SportAccord) 。別名国際スポーツ連盟機構(こくさいスポーツれんめいきこう)[3]

概要編集

1967年に国際競技連盟連合 (GAISF, AGFIS) として設立。夏季オリンピック国際競技連盟連合 (ASOIF) 、冬季オリンピック国際競技連盟連合 (AIOWF) 、IOC承認国際競技連盟連合 (ARISF) 、独立スポーツ組織同盟 (AIMS) に加盟する国際競技連盟 (International Federation, IF) が加盟している。これらIFは原則、3大陸40カ国以上(冬季競技は2大陸25カ国以上)の国内競技連盟が加盟してる。他にパラリンピックワールドゲームズ、ワールドマスターズゲームズ、ユニバーシアード、スペシャルオリンピックスなどの国際総合競技大会主催者などの国際スポーツ関係団体、国際スポーツ関係団体が、スポーツの普及、オリンピック・ムーブメントの推進、アンチ・ドーピングの徹底、情報の共有、協力協調を目的に加盟する世界最大のスポーツ組織である。

ワールドゲームズの競技、種目はGAISFの加盟IFの統括する競技、種目のうちオリンピックで実施されていないものから選ばれる。

複数競技大会のワールドコンバットゲームズスポーツアコードワールドマインドゲームズ、ワールドアーバンゲームズを主催している。

2003年、第1回スポーツアコード国際会議を開催。2009年3月、団体名をこの会議イベント名の「スポーツアコード」に改称。同年、本部をモナコからローザンヌに移転。

2013年5月にスポーツアコード会長に当選した国際柔道連盟 (IJF) 会長であるマリウス・ビゼールは、マーケティングとメディア戦略を統合して財源を増やす狙いから、2017年度を目処にスポーツアコードに加盟する91のIFの世界選手権を一堂に会した「合同世界選手権」開催の構想を明らかにした。これは現オリンピックに対抗する新大会創設を意図するものと見られている。

2015年4月にロシアのソチで開催されたスポーツアコード総会で、2期目の会長当選を果たしたばかりのビゼールは、IOC会長のトーマス・バッハが推進する中長期改革『オリンピック・アジェンダ2020』に対して、「IFの権利が適切に扱われていない。スポーツ界に利益をもたらさない」「IFのために多くの提案をしたが、好意的な反応はなかった。全ての団体に公平に対応してほしい」「時代遅れで不公平」と、あからさまな批判を行った。さらには、オリンピック開催都市が追加種目を提案できる権利を認めたことは「オリンピックを不安定にしている」行為だとして、IOCとの対決姿勢を鮮明に打ち出した。(2016年8月、ローラースポーツのIFである国際ローラースポーツ連盟の意向を軽視して2020年東京オリンピックの追加種目でスケートボードパークを実施することをIOC総会で決定している。)これに対してバッハは、「五輪改革は長期間、対話を重ねて進めている」との見解を示した。なお、ビゼールの発言はスポーツアコード加盟団体に大きな反発を呼び起こすことにもなった。国際サッカー連盟 (FIFA) や国際水泳連盟 (FINA) など10を超える加盟団体は、ビゼールに対する抗議文書を提出した。国際陸上競技連盟 (IAAF) や国際射撃連盟 (ISSF) 、世界レスリング連合 (UWW) などはスポーツアコードを脱退する方針を表明した。国際パラリンピック委員会 (IPC) も脱退を決めた。ASOIFや国際ボクシング連盟 (AIBA) もスポーツアコードとの関係を一時停止することになった[4][5][6][7]。このように多大な反発を受けたことに対してビゼールは、IOCを批判した際の手法やマナーを謝罪したものの、「自分の声は自分の意見でもある。スポーツ界は誰でも自由に表現できる場所だ」と、自身の見解は依然堅持することとなった[8]。なお、ビゼールは事態打開のためにバッハに会談を申し入れたが、バッハ側は態度を保留した[9][10]。ビゼールは会談に向けて、オリンピックにおける実施競技の追加やIOC委員の選考に関する明確な基準を要望した。また独自の改革案として、オリンピックに賞金制度を導入することや、全ての非オリンピック競技をオリンピックが開催される前後に公開競技として実施すること、さらには、IFへの分配金を増額することや選手を支援する基金の設立など20項目の議題を提案した[11]。しかしながら、ビゼールが会長を務めるIJFを除く夏季オリンピックの全IFがスポーツアコードからの脱退や関係停止を表明したことや、2017年のスポーツアコードワールドコンバットゲームズを開催する予定だったペルーが辞退したことなどを受けて、5月31日にビゼールはスポーツアコード会長を辞任することを表明した。また、2020年の東京オリンピックの準備状況を監督するIOCの調整委員も辞任した。ビゼールは辞任に際して、「会長を務めていたこの2年ほどの間、IOCに対して多数の共同作業の提案を試みるも、にべなく拒否され続けてきた」とした上で、「私の提案は正しく、スポーツの価値を守るものだと思っている」と改めて強調した[12][13][14]

2017年4月、会長のパトリック・バウマンの下、団体名は「国際競技連盟連合」 (GAISF) に戻る[15]。会議イベントは分離独立しスポーツアコード国際会議としてその後も残った。2020年現在、本部はスイスローザンヌにある。

歴代会長編集

任期 氏名 出身国 所属団体
1967年-1969年 ウィリアム・バージ・フィリップス (William Berge Phillips) オーストラリア 国際水泳連盟
1969年-1986年 トーマス・ケラー (Thomas Keller) スイス 国際ボート連盟
1986年-2004年 金雲龍 (キム・ウンヨン) 大韓民国 世界テコンドー連盟
2004年-2013年 ハイン・フェアブルッヘン (Hein Verbruggen) オランダ 国際自転車競技連合
2013年-2015年 マリウス・ビゼール (Marius Vizer) ルーマニア 国際柔道連盟
- パトリック・バウマン (Patrick Baumann) スイス 国際バスケットボール連盟
2019年- ラファエル・キューリ (Raffaele Chiulli) イタリア 国際モーターボート連盟

備考:金雲龍は韓国で公金横領などの容疑で逮捕され、GAISFおよび国際オリンピック委員会の公職から追放となった[要出典]。上記のフェアブルッヘンの会長任期には2004年から2006年までの会長代行としての任期も含む。

評議会編集

評議会はGAISFの執行機関で、会長を含む9人の評議員で構成され、総会によって承認される。評議員は以下の配分で構成される[16]。(2020年10月現在)

  • ASOIF任命 3名
  • AIOWF任命 2名
  • ARISF任命 2名
  • AIMS任命 1名
  • 加盟協力団体勢による任命 1名

加盟団体一覧編集

2013年8月現在
スポーツ 団体名 英名 略称 創立 加盟数
合気道 国際合気道連盟 International Aikido Federation IAF 1976 43
アイスストックスポーツ 国際アイスストックスポーツ連盟 International Federation Icestocksport IFI 46
アイスホッケー 国際アイスホッケー連盟 International Ice Hockey Federation IIHF 1908 55
アーチェリー 世界アーチェリー連盟 World Archery WA 1931 128
アームレスリング 世界アームレスリング連盟 World Armwrestling Federation WAF 2018
アメリカンフットボール 国際アメリカンフットボール連盟 International Federation of American Football IFAF 1999 64
陸上競技 ワールドアスレティックス World Athletics IAAF 1912 212
囲碁 国際囲碁連盟 International Go Federation IGF 1982 66
犬ぞり競技 国際犬ぞり競技連盟 International Federation of Sleddog Sports, Inc. IFSS 1985
ウエイトリフティング 国際ウエイトリフティング連盟 International Weightlifting Federation IWF 1905 167
オートバイ競技 国際モーターサイクリズム連盟 International Motorcycling Federation FIM 1904 84
オリエンテーリング 国際オリエンテーリング連盟 International Orienteering Federation IOF 1961 73
学校スポーツ 国際学校スポーツ連盟 International School Sport Federation ISF
カヌー 国際カヌー連盟 International Canoe Federation ICF 1924 112
空手道 世界空手連盟 World Karate Federation WKF 1992 150
カーリング 世界カーリング連盟 World Curling Federation WCF 1966 36
キックボクシング 世界キックボクシング団体協会 World Association of Kickboxing Organizations WAKO
キャスティング 国際キャスティングスポーツ連盟 International Casting Sports Federation ICSF
近代五種競技 国際近代五種連合 International Modern Pentathlon Union UIPM 1948 94
エアー(航空)スポーツ 国際航空連盟 International Air Sports Federation FAI 1905 95
クリケット 国際クリケット評議会 International Cricket Council ICC 1909
軍人スポーツ 国際ミリタリースポーツ評議会 International Military Sports Council CISM 1948 127
剣道 国際剣道連盟 International Kendo Federation IKF 1970 57
コーフボール 国際コーフボール連盟 International Korfball Federation IKF 1933 35
コモンウェルスゲームズ コモンウェルスゲームズ連盟 Commonwealth Games Federation CGF 72
ゴルフ 国際ゴルフ連盟 International Golf Federation IGF 126
コントラクトブリッジ 世界ブリッジ連盟 World Bridge Federation WBF 1958 119
サッカー 国際サッカー連盟 International Football Association FIFA 1904 209
サバット 国際サバット連盟 Fédération Internationale de Savate FISav 1985
サーフィン 国際サーフィン連盟 International Surfing Association ISA 1976 43
山岳競技(登山) 国際山岳連盟 International Mountaineering and Climbing Federation UIAA 1932 85
サンボ 国際サンボ連盟 Federation International of Amateur Sambo FIAS
自転車競技 国際自転車競技連合 International Cycling Union UCI 1900 170
自動車競技 国際自動車連盟 Fédération Internationale de l'Automobile FIA 1904
射撃 国際射撃連盟 International Shooting Sport Federation ISSF 1907 151
柔術 国際柔術連盟 Ju-Jitsu International Federation JJIF 1987
柔道 国際柔道連盟 International Judo Federation IJF 1951 200
水泳 国際水泳連盟 International Swimming Federation FINA 1908 208
水上スキー 国際水上スキー&ウェイクボード連盟 International Waterski & Wakeboard Federation IWWF 1946 90
水中スポーツ 世界水中連盟 World Underwater Federation CMAS 1959 132
スカッシュ 世界スカッシュ連盟 World Squash Federation WSF 1967 116
スキー 国際スキー連盟 International Ski Federation FIS 1924 111
スキー登山 国際スキー登山連盟 International Ski Mountaineering Federation ISMF
スケート 国際スケート連盟 International Skating Union ISU 1892 73
スペシャルオリンピックス スペシャルオリンピックス国際本部 Special Olympics, Inc. SOI 1968
スポーツカイロプラクティック 国際スポーツカイロプラクティック連盟 International Federation of Sports Chiropractic FICS 1987 29
スポーツ医学 国際スポーツ医学連盟 International Federation of Sports Medicine FIMS 1928 117
スポーツクライミング 国際スポーツクライミング連盟 International Federation of Sports Climbing IFSC
スポーツ施設 国際スポーツ・レジャー施設協会 International Association for Sports and Leisure Facilities IAKS
スポーツフィッシング 国際スポーツフィッシング連合 International Confederation of Sports Fishing CIPS
相撲 国際相撲連盟 International Sumo Federation ISF 1946 81
セパタクロー 国際セパタクロー連盟 International Sepaktakraw Federation ISTAF
セーリング 国際セーリング連盟 International Sailing Federation ISAF 1907 121
ソフトテニス 国際ソフトテニス連盟 International Soft Tennis Federation ISTF
大学スポーツ 国際大学スポーツ連盟 International University Sports Federation FISU 1949
体操 国際体操連盟 International Gymnastics Federation FIG 1881 122
ダーツ 世界ダーツ連盟 World Darts Federation WDF 1976 67
卓球 国際卓球連盟 The International Table Tennis Federation ITTF 1926 218
ダンススポーツ 世界ダンススポーツ連盟 International Dancesport Federation WDSF 1957 71
チアリーディング 国際チア連合 International Cheer Union ICU
チェス 国際チェス連盟 World Chess Federation FIDE 1924 161
チェッカー・ドラフツ 世界ドラフツ連盟 World Draughts Federation FMJD 1947 50
地中海競技大会 国際地中海競技大会委員会 International Committee of Mediterranean Games ICMG/CIJM
綱引き 国際綱引連盟 Tug of War International Federation TWIF 1960 29
テコンドー 世界テコンドー連盟 The World Taekwondo Federation WTF 1973 161
テニス 国際テニス連盟 International Tennis Federation ITF 1913 203
トライアスロン ワールド・トライアスロン World Triathlon ITU 1989 87
ドラゴンボート 国際ドラゴンボート連盟 International Dragon Boat Federation IDBF
ネットボール 国際ネットボール連盟 International Federation of Netball Associations IFNA 1960 44
バイアスロン 国際バイアスロン連合 International Biathlon Union IBU 1993 60
馬術 国際馬術連盟 International Equestrian Federation FEI 1921 125
バスクペロタ 国際バスクペロタ連盟 International Federation of Pelota Vasca FIPV 1929 25
バスケットボール 国際バスケットボール連盟 International Basketball Federation FIBA 1932 213
バドミントン 世界バドミントン連盟 Badminton World Federation BWF 1934 145
パナスロン パナスロン・インターナショナル Panathlon International PI 1951
パラリンピック 国際パラリンピック委員会 International Paralympic Committee IPC 1989
バレーボール 国際バレーボール連盟 International Volleyball Federation FIVB 1947 220
パワーボート 国際モーターボート連盟 Union Internationale Motonautique UIM 1922 60
パワーリフティング 国際パワーリフティング連盟 International Powerlifting Federation IPF
ハンドボール 国際ハンドボール連盟 International Handbal Federation IHF 1946 146
ビリヤード 世界ビリヤード連合 World Confederation of Billiards Sports WCBS 1992 97
ファウストボール 国際ファウストボール協会 International Fistball Association IFA 35
フェンシング 国際フェンシング連盟 International Fencing Federation FIE 1913 106
武術太極拳 国際武術連盟 International Wushu Federation IWUF 1990 77
フライングディスク競技 世界フライングディスク連盟 World Flying Disc Federation WFDF 46
ブールスポーツ 世界ブールスポーツ連合 World Confederation of Boules Sport CMSB 1985 75
フロアボール 国際フロアボール連盟 International Floorball Federation IFF 1986 46
放送(ヨーロッパ) 欧州放送連合 European Broadcasting Union EBU/UER 1950 74
ボウリング 国際ボウリング連盟 International Bowling Federation FIQ 1952 123
ボクシング 国際ボクシング協会 International Amateur Boxing Federation AIBA 1946 190
ホッケー 国際ホッケー連盟 International Hockey Federation FIH 1924 118
ボディービルディング 国際ボディビルダーズ連盟 International Federation of Bodybuilding and Fitness IFBB 1946 145
ボート 国際ボート連盟 International Rowing Federation FISA 1892 110
ボブスレー 国際ボブスレー・スケルトン連盟 International Bobsleigh and Tobboganning Federation IBSF 1923 54
ポロ 国際ポロ連盟 Federation of International Polo FIP 1985 48
ラクロス 国際ラクロス連盟 Federation of International Lacrosse FIL 2008
ライフセービング 国際ライフセービング連盟 International Life Saving Federation ILS 1910 133
マインドスポーツ 国際マインドスポーツ協会 International Mind Sports Association IMSA 2005
マスターズゲームズ 国際マスターズゲームズ協会 International Masters Games Association IMGA
ミニゴルフ 世界ミニゴルフ連盟 World Minigolfsport Federation WMF 37
ムエタイ 国際アマチュアムエタイ連盟 International Federation of Muaythai Amateur IFMA
野球ソフトボール 世界野球ソフトボール連盟 World Baseball Softball Confederation WBSC 2013 140
ラケットボール 国際ラケットボール連盟 International Racquetball Federation IRF 1968 90
ローラースポーツ ワールドスケート World Skate 1924 114
ラグビー ワールドラグビー World Rugby IRB 1886 91
リュージュ 国際リュージュ連盟 International Luge Federation FIL 1957 45
レスリング 世界レスリング連合 United World Wrestling UWW 1912 142
ろう者スポーツ 国際ろう者スポーツ委員会 International Committee of Sports for the Deaf ICSD / CISS 1924 96
労働者スポーツ 国際労働者アマチュアスポーツ連合 International Workers and Amateurs in Sports Confederation CSIT
ワールドゲームズ 国際ワールドゲームズ協会 International World Games Association IWGA 1980

脚注編集

  1. ^ JOCの活動 2017-2019 (pdf)”. JOC. JOC. p. 42. 2020年11月12日閲覧。 “国際連携”
  2. ^ オリンピック憲章 Olympic Charter 2020年版・英和対訳(2020年7月17日から有効) (pdf)”. JOC. JOC. p. 7. 2020年11月12日閲覧。 “オリンピック・ムーブメントにおいて使用される略語”
  3. ^ 【国際】国際スポーツ連盟機構、スポーツ・サステナビリティ情報のウェブサイトリリース”. 株式会社ニューラル (2020年7月14日). 2020年11月21日閲覧。
  4. ^ ビゼール氏、五輪改革を批判 スポーツアコード会長 バッハ体制との対立鮮明に 産経新聞 2015年4月21日
  5. ^ 10団体以上が抗議文書に署名 五輪改革に対するビゼール会長発言に反発 産経新聞 2015年4月21日
  6. ^ スポーツアコードを脱退 国際パラリンピック委員会 五輪改革批判で 産経新聞 2015年4月22日
  7. ^ スポーツアコードとの関係停止 国際ボクシング連盟 産経新聞 2015年5月7日
  8. ^ 五輪改革批判の手法やマナーを謝罪 「スポーツアコード」のビゼール会長、主張は堅持 産経新聞 2015年4月23日
  9. ^ バッハ会長らと会談へ スポーツアコードのビゼール会長 五輪改革批判発言めぐり 産経新聞 2015年5月20日
  10. ^ バッハ会長、態度を保留 Sアコード会長との会談 産経新聞 2015年5月20日
  11. ^ 賞金制導入など20項目 スポーツアコードのビゼール会長 独自の五輪改革案示す 産経新聞 2015年5月22日
  12. ^ 「スポーツアコード」ビゼール会長が辞任 IOC批判で団体反発 産経新聞 2015年6月1日
  13. ^ ビゼール会長が辞任=スポーツアコード 時事通信 2015年6月1日
  14. ^ Vizer resigns as President of SportAccord
  15. ^ Welcome to the new GAISF website”. GAISF (2017年8月29日). 2020年11月19日閲覧。
  16. ^ GASIF >> COUNCIL”. GAISF. 2020年11月21日閲覧。

外部リンク編集

GAISF