チェルケシア
Адыгэ Хэку
xxxx年 - 1864年 ロシア帝国
チェルケシアの国旗
(国旗)
国の標語: "Псэм ипэ напэ!"
公用語 チェルケス語アディゲ語
首都 ソチ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
82,000km²
人口
チェルケス人虐殺以前1,625,000人
チェルケス人虐殺以降86,655人
変遷
成立 1500年ごろ
滅亡1864年
チェルケス人虐殺1864年-1870年
現在ロシアの旗 ロシア連邦

チェルケシアチェルカシアチェルケス国サーカシア英語: Circassiaロシア語: Черкесияアディゲ語: Адыгэ Хэкуグルジア語: ჩერქეზეთიアラビア語: شيركاسيا‎)は現在のロシア南部、黒海チェルケス海岸からカフカス山脈にそって存在した国。

1750年のチェルケシア
チェルケス海岸

概要編集

国家連合だった。チェルケス語を話し、首都ソチイスラム教キリスト教民族宗教信仰していた。

歴史編集

中世のチェルケシアについては、スルタニア大司教ジョン・ド・ガロニフォンティブスが書いた『世界知識書』[1](1404年)が最も詳しい情報源である。

1500年ごろに成立し、コーカサス戦争1864年ロシア・チェルケス戦争英語版で滅び、ロシアチェルケス人虐殺チェルケス人オスマン帝国に追いやった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Иоанн де Галонифонтибус. Книга познания мира (1404).