メインメニューを開く
チェンデラワシ湾

チェンデラワシ湾インドネシア語: Teluk Cenderawasih)は、ニューギニア島北西部のインドネシア領(パプア州)にあるである。

目次

概要編集

北側に開けた三角形の湾であり、太平洋に面する。湾口の幅は約220km、奥行きは約150km。湾口を塞ぐような形でビアク諸島(別名 スカウテン諸島)が東西に東西に伸びている。

チェンデラワシとはインドネシア語で極楽鳥の湾という意味。固有種や固有色種の魚が存在する[1]。この地をかつて統治したオランダは、ヘールフィンク湾(オランダ語: Geelvinkbaai)と呼んでいた。

漁業とジンベエザメ保護編集

湾全体は中央政府により国立公園に指定されているが、沿岸住民は地元当局から許可を得て、船体につけた足場から漁網を垂らすバガン船を使う伝統的な漁業を行っている。小魚まで水揚げしてしまうことに対して、生態系への影響を懸念する研究者もいる。

ジンベエザメの生息海域として知られ、漁民はバガン船を使って研究者の調査に協力したり、ジンベエザメを間近で見られる観光客向けのスキューバダイビング・ツアーを実施したりしている[2]

2012年7月17日、保護調査を目的とした小型無線機をジンベエザメに取り付けることに成功したと世界自然保護基金が明らかにした。チェンデラワシ湾のジンベンザメには、網にかかった魚を食べようと漁師の網に集まってくる習性があり、それを生かしたという[3]

脚注編集

外部リンク編集