メインメニューを開く

チキンガーリックステーキ

チキンガーリックステーキ(Chicken Garlic Steak)は、日本アカペラ・グループである。全員が作詞作曲を手がける。

チキンガーリックステーキ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1990年 -
レーベル ユーキャン(2002年-2010年)
ジーユーレコーズ(2011年-)
事務所 さだ企画
公式サイト チキンガーリックステーキ公式サイト
メンバー 川上伸也(1990年-)
前澤弘明(1990年-)
濱田康裕(1993年-1997年、1998年-)
渡辺敦(1996年-)
長谷川真一(1999年-)
旧メンバー 犬飼将博(1998年-1999年)
小林雅彦(1990年-2014年)

概要編集

1990年神戸で、川上・前澤ら男性5人で結成される。神戸でストリートライブやテレビCFで活躍をする。5回のメンバーチェンジを経て、1999年に6回目のチェンジが行われて永らく6人編成で活動した。メンバーは、本職を別に持っていたが、東京進出とともに音楽活動に専念した。2014年に7回目のチェンジで5人編成となる。彼らを目標にしていたアカペラグループも多い。

2001年7月よりさだ企画さだまさしの事務所)の所属となり、同年8月6日にさだまさしの稲佐山野外コンサート夏・長崎から』に出演、コンサートが全国へと生放送されたことがきっかけで広く知られるようになる。

2002年8月7日にアルバム『Acapella』、シングル『ときめくかけら』でメジャー・デビュー。2003年にはNHKみんなのうた」で『やさしい風』(2003年度NHK全国学校音楽コンクール小学校の部・課題曲、作曲はグッチ裕三)が放送された。

2005年より本格的に全国ツアーを、2008年には台湾で初の海外公演を行い、更に活躍の場を広げている。

メンバー編集

元メンバー編集

  • 犬飼将博(1998年9月加入 - 1999年2月脱退)
  • 小林雅彦(1961年6月2日 - 、結成時 - 2014年2月脱退)

エピソード編集

  • 全国的に名が売れる前の時期、彼らが出演したとあるコンサート会場の楽屋に、アカペラの音合わせ用CDクール宅急便で届けられたことがあるという。「チキンガーリックステーキ」という食べ物を冠した名前である故、食品関連の荷物だと勘違いされたことが原因らしい。同様に、ライブ会場に宣伝用ポスターを送ったところ、いつまでたっても会場にそのポスターが掲示されないので調べてみたら、これも冷蔵庫に入れられていたという。
  • アルバム『FOUNDATION』を作成する際、どの曲を入れるべきかをメンバー全員で討論したところ、歌いたい女性歌手の曲が300曲を超えてしまったので収拾がつかなくなり、結局コンサートで歌ったカバーから人気のあるものを厳選して作成した。
  • 2006年7月21日にさだの小説眉山』の映画化のキャンペーンで、さだの代行として徳島市にやってきた。その際、さだが挨拶の映像で、出会った当時のことを「拾ってきた山犬みたいだった」と言った。しかし侮辱のつもりではなく、男のみで構成されているのと、実力があることを掛けて冗談を交えた褒め言葉であった。
  • 2009年10月10日、長崎市制120周年記念コンサート「大還暦」にゲスト出演した際に、同じくゲストの平原綾香と突然、アカペラで競演をするサプライズを行なった。

コンサート限定曲編集

ライブでCD未収録の曲を歌うことがある。大抵はカバー曲だが、ライブ先で親しまれている曲があると、それを突然歌って観衆を驚かせたりもする。 また、レパートリーにはクラシックオールディーズを始めとして演歌から最新のヒット曲まで幅広いジャンルが披露される。シングルの「Let's Go To The Live」やアルバム「Blend」収録の「Dancing Queen」等、コンサートでの評判からCD化された曲もある。

ディスコグラフィー編集

インディーズ時代編集

  • Original Songs(1998年)
  • アカペラカヴァーズ2000(2000年)
  • CGS(2001年、デビューアルバムの先行マキシシングル

シングル編集

  • ときめくかけら(2002年)
  • 道化師のソネット(2004年)
  • 毎日がクリスマス(2004年)
  • Let's go to the LIVE!(2007年)
  • 風がきれい(2009年12月)
    NHK『みんなのうた』(2009年12月 - 2010年1月)

アルバム編集

  • Acapella(2002年)
    デビューアルバム。英ロックバンドQueenの「愛という名の欲望」をカバー収録。
  • レパートリーズ(2004年)
    さだまさしの楽曲をカバーしたアルバム。
  • Lovers' Avenue(2005年)
    デビュー後初のオリジナルアルバム
  • FOUNDATION(2006年)
    女性歌手のラブソングを厳選してカバーしたアルバム。
  • FACE(2007年)
    男性歌手のカバーしたアルバム。
  • Air(2008年)
    3枚目のオリジナル・アルバム。
  • タイムスリップ(2008年)
    60年代のグループ・サウンズをカバーしたアルバム。
  • BLEND(2009年12月)
  • 笑わなしゃーない(2010年11月)
    オリジナルアルバム。小椋佳提供の「遅ればせ?だけど青春」収録。
  • ふるさとの花(2011年12月)
  • Smile(2012年12月)
  • HOME(2013年12月)
    オリジナルアルバム。ダイドードリンコ通販番組テーマソング「愛はここにある」収録。
  • 未来旅行(2014年12月)
  • チキガリズム(2015年7月)
  • Love Songs(2015年12月)
  • LIFE(2016年12月)
  • Acapella Covers 2018(2018年7月)
  • 花(2019年7月)

その他編集

  • 元気だしてこーか/がんばんべぇ〜がんばらんば群馬弁バージョン〜 (2008年12月) - フォーチュン・キャッツ(仲村瑠璃亜、チキンガーリックステーキ、Septemberのユニット)名義。

レギュラー番組編集

関連ミュージシャン編集

脚注編集

外部リンク編集