チョチャガチャ語

チョチャガチャ語チベット文字ཁྱོད་ཅ་ང་ཅ་ཁ་་ワイリー方式la Khyod ca nga ca kha)は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語である。ツァマン語マパ語ツァカリンパイ語クルメト語チョチャガチャカツァマンカマパカツァカリンパイカクルメトカとも呼ばれる。一方で、チョチャガチャカ語ツァンカ語マパカ語ツァカリンパイカ語クルメトカ語と呼ばれることもあるが、ゾンカ語同様に「カ」は「言語」をあらわす。「チョチャガチャ」とは「チョ」は「あなた」で「ガ」は「私」、全体で「あなたと私」という意味である[2]ブータン東部のルンツェ県モンガル県クリ川(クリチュ、「チュ」とは「川」の意味である。)渓谷で話されている[1][3]

チョチャガチャ語
ツァマン語
話される国  ブータン
話者数 2万人 (1993年)[1]
言語系統
表記体系 チベット文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 cgk
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

ゾンカ語との関係編集

チョチャガチャ語はゾンカ語と姉妹言語の関係にある。ゾンカ語が主流であるガロン人の文化の圧力下でクリ川の言語基盤に重大な損失をもたらした[1][4]

 
ブータンの言語分布

脚注編集

  1. ^ a b c ヴァン・ドリーム, ジョージ (1993年). “Language Policy in Bhutan (PDF)”. ロンドン: 東洋アフリカ研究学院. 2011年1月18日閲覧。
  2. ^ ヴァン・ドリーム, ジョージ (1998). Dzongkha = rdoṅ-kha. Leiden: Research School, CNWS. p. 13. ISBN 978-9057890024 
  3. ^ Chocangacakha”. Ethnologue Online. ダラス: SIL International (2006年). 2011年1月18日閲覧。
  4. ^ ヴァン・ドリーム, ジョージ (2007). Matthias Brenzinger. ed. Language diversity endangered. Trends in linguistics: Studies and monographs, Mouton Reader. 181. Walter de Gruyter. p. 312. ISBN 3-11-017050-7. http://books.google.com/books?id=6p6b5GQ4Q4YC