チョンブリー県

チョンブリー県
จังหวัดชลบุรี
[[ファイル:|100px]]Seal Chonburi.png
チョンブリー県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地ムアンチョンブリー郡
面積4,363.0 km²
人口1,455,039 人 2015年
人口密度318.66 人/km²
ISO 3166-2TH-20
  • この項目は英語版を元に作成されています。

チョンブリー県(チョンブリーけん、タイ語: จังหวัดชลบุรี)はタイ王国中部の県(チャンワット)の一つ。チャチューンサオ県チャンタブリー県ラヨーン県と接し、海岸部はタイランド湾と接する。チョンブリ県とも称される。

目次

歴史編集

チョンブリーの領域はアユタヤ時代から地方都市として栄えていた。その他、現在のチョンブリー県の領域には、ムアン・バーンサーイ、ムアン・バーンプラーソーイ、ムアン・バーンプラ、ムアン・バーンラムンなどがあったがこれらはチャクリー改革の過程でチョンブリー県に編入された。

1950年代頃までは県は発展から遅れていた。しかしベトナム戦争を境に県内のウータパオ空軍基地が利用され、近くにあったパタヤが保養地として利用され始めたため、県内およびパタヤは大きく発展した。

地理編集

県はバンコクの郊外にあり、タイランド湾が角張っているところに位置する。県内北部には肥沃な土地が広がり農業に利用されている一方で、県西北部から南東部までは山脈もある。サッタヒープ郡には深めの入り江がある。

産業編集

県章編集

 
県章
地元の住民によって神聖なものとされる、カオ・サームムックと呼ばれる海の中の丘があしらわれている。漁師達はカオ・サームムックが海難を防いでくれると信じているという。

県木・県花はカリンPlerocapus indicus)である。

行政区編集

関連項目編集

外部リンク編集