ツァンラ語は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語である。シャーチョプ語ツァンラカシャーチョプカとも呼ばれる。一方で、ツァンラカ語シャーチョプカ語と呼ばれることもあるが、ゾンカ語同様に「カ」は「言語」をあらわす。メンパ人シャーチョプ人英語版により話され、大半はブータン東部のタシガン県ペマガツェル県サムドゥプ・ジョンカル県モンガル県タシ・ヤンツェ県に話者が分布する。

ツァンラ語
話される国 中華人民共和国の旗 中国インドの旗 インド)、 ブータン
地域 チベット蔵南地区アルナーチャル・プラデーシュ州)、ブータン東部
話者数 約6000人(チベット 2005年)[1]、14万人 (ブータン 1999年)[2]
言語系統
表記体系 チベット文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 tsj
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示
ブータンの言語分布

脚注編集

  1. ^ 張濟川(2007)『門巴族倉洛語簡誌』,北京:民族出版社.
  2. ^ Tshangla at Ethnologue (17th ed., 2013)