ツイストで踊りあかそう

ツイストで踊りあかそう」(原題:Twistin' the Night Away)は、アメリカ合衆国歌手サム・クック1962年に発表した楽曲。作詞・作曲もクック自身により、ニューヨークペパーミント・ラウンジ英語版でダンスを楽しむ人々の姿をテレビで見て、そこからインスピレーションを得て作られた曲である[4]

ツイストで踊りあかそう
サム・クックシングル
初出アルバム『ツイストで踊りあかそう』
B面 ワン・モア・タイム
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1961年12月18日[1]
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル RCAビクター
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ヒューゴ&ルイージ
チャート最高順位
  • 6位(イギリス[2]
  • 9位(アメリカ[3]
サム・クック シングル 年表
フィール・イット
(1961年)
ツイストで踊りあかそう
(1962年)
ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
(1962年)
テンプレートを表示

アメリカのBillboard Hot 100では9位に達し、『ビルボード』のR&Bシングル・チャートでは自身3度目の1位獲得を果たした[3]全英シングルチャートでは6位に達し、自身3度目の全英トップ10入りを果たした[2]

他メディアでの使用例編集

「ツイストで踊りあかそう」は、『アニマル・ハウス』(1978年)[5]、『グリーン・ホーネット』(2011年)[6]といった映画のサウンドトラックで使用された。また、1987年の映画『インナースペース』のサウンドトラックでは、サム・クックによるオリジナル・ヴァージョンに加えて、ロッド・スチュワートによる同曲のカヴァーも使用された[7]

カヴァー編集

トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ
ロッド・スチュワートシングル
初出アルバム『ネヴァー・ア・ダル・モーメント
B面 トゥルー・ブルー
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1972年
ジャンル ロック
時間
レーベル マーキュリー・レコード
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ロッド・スチュワート
チャート最高順位
  • 59位(アメリカ[8]
ロッド・スチュワート シングル 年表
エンジェル
(1972年)
トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ
(1973年)
オー!ノー・ノット・マイ・ベイビー
(1973年)
テンプレートを表示
トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ
ディヴァインシングル
B面 Twistin' the Night Away (Instrumental)
A Divine Goode Time
リリース
規格 7インチ・シングル、12インチ・シングル
録音 1972年
ジャンル ディスコHi-NRG
レーベル プロト・レコード
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース バリー・エヴァンジェリ、ニック・ティッチェナー
チャート最高順位
  • 47位(イギリス[9]
ディヴァイン シングル 年表
ウォーク・ライク・ア・マン
(1985年)
トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ
(1985年)
ハード・マジック
(1985年)
テンプレートを表示

ロッド・スチュワートによるカヴァー編集

ロッド・スチュワートは、1972年のアルバム『ネヴァー・ア・ダル・モーメント』に、この曲のカヴァーを収録。アメリカではシングル・カットされて、Billboard Hot 100で59位に達した[8]

また、スチュワートは1987年の映画『インナースペース』のサウンドトラックのために、ブルース・ロブとディー・ロブを共同プロデューサーに迎えて「トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ」を再レコーディングした。このヴァージョンは、ゲフィン・レコードからジェリー・ゴールドスミスが作曲した「Let's Get Small」とのスプリット・シングルとしてリリースされ[10]、Billboard Hot 100で80位を記録した[8]

ディヴァインによるカヴァー編集

アメリカ人俳優のディヴァインは、1985年に「トゥイスティン・ザ・ナイト・アウェイ」のカヴァーをシングルとして発表し[11]、3週にわたり全英シングルチャート入りして最高47位を記録した[9]。ディヴァインが1988年に発表したアルバム『メイド・イン・イングランド』には、この曲のリミックス・ヴァージョンが収録されている[12]

その他のカヴァー編集

脚注編集