メインメニューを開く

静岡産業支援センター

ツインメッセ静岡から転送)

静岡産業支援センター(しずおかさんぎょうしえんセンター)は、静岡県静岡市駿河区にある多目的展示施設。1996年に増築で北館と立体駐車場を新設したことにより、二つの館ができたためツインメッセ静岡の愛称をつけた。ツインメッセと略して呼ばれている。

静岡産業支援センター
(ツインメッセ静岡)

Twinmesse-Shizuoka.jpg

情報
旧名称 静岡産業館
用途 多目的ホール
設計者 日建設計静岡設計監理協同組合、COLL
建築主 財団法人静岡産業振興協会
事業主体 静岡市
管理運営 公益財団法人静岡産業振興協会
構造形式 鉄筋コンクリート造および鉄骨造
敷地面積 31,041.36 m²
建築面積 20,950.76 m²
延床面積 45,341.36 m²
階数 地下1階、地上5階、塔屋1階
竣工 1982年(南館、西館、地下駐車場)
改築 1996年(北館、中央棟、立体駐車場)
所在地 422-8006
静岡市駿河区曲金三丁目1番10号
座標 北緯34度58分15.8秒 東経138度24分21.4秒 / 北緯34.971056度 東経138.405944度 / 34.971056; 138.405944座標: 北緯34度58分15.8秒 東経138度24分21.4秒 / 北緯34.971056度 東経138.405944度 / 34.971056; 138.405944
備考 [1]
テンプレートを表示
静岡ホビーショー(写真は第45回のもの)

1982年カネボウ静岡工場跡地に静岡産業館という名称でオープンし、静岡産業館または産業館と呼ばれていたために現在もその名前で呼ぶ人もいる。また、西側を通る市道は「産業館西通り」という愛称が付けられている。

概要編集

南館の大展示場(5,400平方メートル)をはじめとして、中央棟(会議室)・北館(レセプションホール、大小展示場など)・西館(小展示場)の各棟と付帯施設で構成される。

延展示面積は11,900平方メートルで、地方都市の施設としては最大規模を誇る展示施設である。無論、静岡市内で行われる大きなイベントの多くはここで行われている。

毎年行われている静岡ホビーショーなどの見本市や展示会以外にもコンサートプロレス興行など、多種多様なイベント会場としても利用されている。静岡産業館時代は無料の催事が多かったが、ツインメッセ静岡となってからは有料の催事が多くなっている。

施設編集

  • 所在地:静岡市駿河区曲金三丁目1番10号
  • 休館日:年中無休
  • 駐車場:立体駐車場587台、地下駐車場189台(いずれも有料)

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集