メインメニューを開く

ツチスドリ科(ツチスドリか、学名 Grallinidae)は、鳥類スズメ目に属していた1科である。1980年代ごろまで使われたが、現在はほとんど使われない。

ツチスドリ科
Grallina cyanoleuca
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : カラス上科 Corvoidea
: ツチスドリ科 Grallinidae

分布編集

分類編集

3属4種が属していた。

しかしこれらは、Sibleyらによる初期の分子系統により多系統だと判明し、オオツチスドリとハイイロツチスドリはオオツチスドリ科 Corcoracidae として分離され、残りのツチスドリ属2種はカササギヒタキ科 Monarchidae に含められた[1][2]。なおSibley分類ではそれぞれ、カラス科オオツチスドリ亜科、カラス科オウチュウ亜科カササギヒタキ族とされていた。

過渡的に、ツチスドリ属2種のみをツチスドリ科とする分類も存在した。

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集