ツール・ド・フランス1947

ツール・ド・フランス1947は、ツール・ド・フランスとしては34回目の大会。1947年6月25日から7月20日まで、全21ステージで行われた。第二次世界大戦後に初めて行われたツール・ド・フランスでもある。


レース概要編集

第20ステージを終えて、総合首位はイタリアピエール・ブランビラ。総合2位には同じくイタリアのアルド・ロンコーニが53秒差で続き、総合3位はフランス(西フランスチーム)のジャン・ロビックが2分58秒差、総合5位には、フランス(ナショナルチーム)のエドゥアール・ファシュレトネールが6分56秒差で続いていた。

最終・第21ステージはカーンからパリまでの257km。残りあと140km地点において、ロビックとファシュレトネールが互いに呼応してアタックをかける。すると、イタリア勢は牽制しすぎるあまり、フランス両者の動きに対する反応が遅れた。パリのゴールでは、区間優勝のブリック・ショットに対して、ロビック、ファシュレトネールは7分36秒差でそれぞれ8、9位に入ったが、ブランビラ、ロンコーニはそれぞれショットに対して20分41秒の差をつけられ、この瞬間に、ジャン・ロビックの大逆転総合優勝が決まった。

ちなみに第二次世界大戦後に開催されたツール・ド・フランス史上、最終ステージにおける総合首位逆転劇は、2018年現在、この大会及び、1968年1989年の3回しかない。

総合成績編集

順位 選手名 国籍 時間
1 ジャン・ロビック   フランス 148時間11秒25秒
2 エドゥアール・ファシュレトネール   フランス +3分58秒
3 ピエール・ブランビラ   イタリア +10分07秒
4 アルド・ロンコーニ   イタリア +11分00秒
5 ルネ・ヴィエト   フランス +15分23秒
6 レイモン・アンパニ   ベルギー +18分14秒
7 フェルモ・カメリーニ   イタリア +24分08秒
8 ジョルダーノ・コットゥール   イタリア +1時間06分03秒
9 ジャンマリー・ゴアマ   フランス +1時間16分03秒
10 アポ・ラザリデ   フランス +1時間18分44秒

 マイヨ・ジョーヌ保持者編集

選手名 国籍 首位区間
フェルディナント・キュプラー   スイス 第1
ルネ・ヴィエト   フランス 第2-第6
アルド・ロンコーニ   イタリア 第7-第8、第9-第18
ピエッレ・ブランビッラ   イタリア 第19-第20
ジャン・ロビック   イタリア 最終

各部門賞結果編集

第34回 ツール・ド・フランス 1947
全行程 21区間、 4640km
総合優勝 ジャン・ロビック 148分11秒25秒
2位 エドゥアール・ファシュレトネール +3分58秒
3位 ピエッレ・ブランビッラ +10分07秒
4位 アルド・ロンコーニ +11分00秒
5位 ルネ・ヴィエト +15分23秒
山岳賞 ピエール・ブランビラ 98ポイント
2位 アポ・ラザリデ 89ポイント
3位 ジャン・ロビック 70ポイント

外部リンク編集