ティツク・デツェン

ティツク・デツェンチベット語ཁྲི་གཙུག་ལྡེ་བཙན、802年 - 841年[1])は、古代チベットである吐蕃の王(在位:815年 - 836年)。彼はレルパチェンརལ་པ་ཅན)(ティ・レルパチェンとも)の綽名でも知られ、ソンツェン・ガンポティソン・デツェンとともに「チベットの護教王」と呼ばれる。漢文史料では可黎可足彝泰賛普と表記される。

ティツク・デツェン
ཁྲི་གཙུག་ལྡེ་བཙན
チベット帝国ツェンポ
在位 815年 - 841年

出生 802年
死去 841年
父親 ティデ・ソンツェン
宗教 チベット仏教
テンプレートを表示

文化的な功績としては、先代の王、ティソン・デツェン、ティデ・ソンツェンとともに『翻訳名義大集英語版』と『二巻本訳語釈』を編纂させ、大規模な仏典翻訳の礎を築いたことが挙げられる[2]

841年、ティツク・デツェン王は大論(宰相)バー・ギャルトレ英語版らに絞殺され、その兄弟ラン・ダルマ王が即位する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 西沢史仁「西沢史仁吐蕃王朝大蔵経編纂事業考 : 『二巻本訳語釈』と『翻訳名義大集』」『Acta Tibetica et Buddhica』第10号、2017年11月30日、 85頁、 ISSN 1883-1885
  2. ^ 西沢史仁「西沢史仁吐蕃王朝大蔵経編纂事業考 : 『二巻本訳語釈』と『翻訳名義大集』」『Acta Tibetica et Buddhica』第10号、2017年11月30日、 135頁、 ISSN 1883-1885
爵位・家督
先代:
ティデ・ソンツェン
チベットの皇帝
815年 - 841年
次代:
ラン・ダルマ