メインメニューを開く

ティツク・デツェンチベット語ཁྲི་གཙུག་ལྡེ་བཙན、802年 - 836年)は、古代チベットである吐蕃の王(在位:815年 - 836年)。彼はレルパチェンརལ་པ་ཅན)の綽名も知って、ソンツェン・ガンポティソン・デツェンとともに「チベットの護教王」と呼ばれる。漢文史料では可黎可足彝泰賛普と表記される。

ティツク・デツェン
ཁྲི་གཙུག་ལྡེ་བཙན
チベット帝国ツェンポ
在位 815年 - 836年

出生 802年
死去 836年
父親 ティデ・ソンツェン
宗教 チベット仏教
テンプレートを表示

在位中、チベットは仏教国教とし始め、大蔵経(一切経)をチベット語に翻訳、編纂を始めた。821年、長安に使節を送り、の大臣たちと和解の盟約(長慶会盟)を行う。ラサ大昭寺の前に唐蕃会盟碑を建立した。

836年、ティツク・デツェン王は大論(宰相)バー・ギャルトレ英語版らに絞殺され、その兄弟ラン・ダルマ王が即位する。


爵位
先代:
ティデ・ソンツェン
チベットの皇帝
815年 - 836年
次代:
ラン・ダルマ