ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス (紀元前299年の執政官)

ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥスラテン語: Titusu Manlius Torquatus、- 紀元前299年)は紀元前4世紀末から紀元前3世紀初頭の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前299年執政官(コンスル)を務めた。

ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス
T. Manlius T.f. T. n. Torquatus
出生 不明
死没 紀元前299年
出身階級 パトリキ
氏族 マンリウス氏族
官職 執政官(紀元前299年)
テンプレートを表示

出自編集

パトリキ(貴族)であるマンリウス氏族の出身。父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はティトゥスである。おそらく祖父は執政官を三度務めたティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥスで、父は紀元前340年に軍規違反の罪でトルクァトゥスが処刑したその長男と思われる。息子に関しては不明であるが、紀元前244年紀元前241年の執政官アウルス・マンリウス・トルクァトゥス・アッティクス紀元前235年執政官ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥスは孫である。

経歴編集

紀元前299年、トルクァトゥスは執政官に就任。同僚執政官はプレブス(平民)のマルクス・フルウィウス・パエティヌスであった[1]第三次サムニウム戦争が始まるのは翌年であるが、エトルリアは既にローマとの戦争を決意し、以前の条約を破ってガリア人の傭兵を雇用し、ローマ領土の略奪を行った。トルクァトゥスがエトルリアに対処することになった。しかし、トルクァトゥスは自身の騎乗技術を披露している際に落馬し、3日後に死亡した。マルクス・ウァレリウス・コルウスが補充執政官に選出され、対エトルリア戦を戦うこととなった。コルウスはエトルリア軍に決戦を強要するため、農村部の略奪を行ったが、エトルリア軍は出撃してこなかった[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b リウィウスローマ建国史』、 X, 11.
  2. ^ リウィウス『ローマ建国史』、 X, 10-12.

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代:
マルクス・ウァレリウス・コルウス V
クィントゥス・アップレイウス・パンサ
執政官
同僚:マルクス・フルウィウス・パエティヌス
紀元前299年
次代:
ルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバトゥス
グナエウス・フルウィウス・マクシムス・ケントゥマルス